7月8日のブンデスリーガ各クラブ、プレシーズン情報をお届けする。

ミュンヘン到着

バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ新監督が昨晩ミュンヘンに到着した。現在リーグ4連覇中のバイエルンは、来週月曜に同監督の下、新シーズンに向けたスタートを切ることになっている。

下記インフォグラフィックの拡大版はこちら

休暇へ

バイエルンに所属するロベルト・レバンドフスキが、欧州選手権(ユーロ)2016での戦いを終え、バカンスへ出発した。クラブは11日に始動日を迎えるが、ポーランド代表で活動していた同選手の合流はしばらく後になる。

「高いモチベーション」

昨シーズン、長谷部誠のアイントラハト・フランクフルトと最終節で激突し、大逆転での自動残留を達成したブレーメンは、きょうからプレシーズンがスタートした。昨季限りでの引退を表明しつつも、一転して現役続行を決めた主将クレメンス・フリッツと、ビクトル・スクリプニク監督が記者会見に出席。同主将は「長い休暇を過ごすことができた。今はシーズン開始への喜びがとてつもなく大きい。我々は全員が高いモチベーションにあふれている」と語っている。

トレーニング!

バイエルン、レーバークーゼンライプツィヒを除く全クラブが、来たるシーズンに向けてすでに始動している。そのトレーニング風景はこちら。

練習試合

原口元気と細貝萌のヘルタ・ベルリンは18時(日本時間25時)からFSVルッケンバルデ(4部)と、同じく18時から武藤嘉紀のマインツがFVビープリッヒ(6部)と、酒井高徳のハンブルガーSVは18時半(日本時間25時半)からウァイフェ・フレンスブルク(4部)と、そして香川真司が所属するドルトムントは19時(日本時間26時)からSpVggエルケンシュウィック(5部)と、それぞれテストマッチを行う。