ハノーファーは6月10日、清武弘嗣がスペインのセビージャに移籍することを明らかにした。来週メディカルチェックが行われた後、正式に決定する。

マーティン・バーダーSDは、「我々はヒロシが残留してくれることを望んでいたが、それが現実的ではないことも分かっていた。まだメディカルチェックが残っているが、彼の未来を祈るのみだ。新シーズンのホーム戦でヒロシとお別れできる可能性があれば、うれしいのだが・・・」とコメントしている。

清武は2012/13シーズンにニュルンベルクに加入。チームは翌シーズン、ブンデスリーガ2部への降格が決まり、清武はハノーファーに移籍した。同クラブ2年目となった今季、背番号10を担った清武は名実ともにエースとなったが、負傷により出場数は21にとどまり、ハノーファーは最下位で2部に降格した。

清武は両クラブ合わせてブンデスリーガ117試合に出場、17得点を挙げている。