ブンデスリーガ・ワールドツアーのため、現在バイエルン・ミュンヘンはアメリカに滞在し、来たるシーズンに向けて汗を流している。当サイト独語版は、同クラブがドイツを発つ直前にダビド・アラバとの独占インタビューを行い、ワールドツアーに臨む心境や、マリオ・ゲッツェの移籍、2016/17シーズンに向けての思いなどを語ってもらった。

――月曜にバイエルンはアメリカへ旅立ちますね。

アラバ 僕たち全員が楽しみにしてるよ。シャーロット、シカゴ、ニューヨークでそれぞれACミラン(イタリア)、インテル(イタリア)、レアル・マドリード(スペイン)と対戦するけど、アメリカのバイエルンファン、そして僕たち自身にとっても、これは1つの挑戦だ。それに僕たちはブンデスリーガを代表して行くわけだからね。

――あなたは個人的にもよくアメリカに行きますよね。何がそんなに気に入っているのでしょうか?

アラバ アメリカの人々、そしてアメリカという国のことを気に入っているんだ。休暇で訪れるたびに最高の気分を味わえる。

「自然と前を向けるようになった」

――プレシーズンにこのような長距離移動を含む遠征をすることは、負担にはならないのでしょうか?

アラバ 去年は中国遠征に行き、そこではチームとして特別で新しい経験を積むことができたし、みんなが一緒に成長することができた。個人的には、こういうチームでの遠征は大好きなんだ。

――バイエルンはジョゼップ・グアルディオラ監督の下、3年連続ブンデスリーガ優勝と、同じく欧州チャンピオンズリーグ4強進出を果たしましたが、カルロ・アンチェロッティ新監督はいかがですか?

アラバ 本当に素晴らしい監督だし、居心地がいいね。ビッグクラブで指揮を執ってきた経験というものが、彼から感じられるよ。

――グアルディオラ監督と比べると、仕事のやり方に違いはありますか?

アラバ もちろんだとも。練習もまったく違う。でもこのレベルの監督になれば、誰だって自分のスタイルを持っていると思うよ。

――フランスでの欧州選手権(ユーロ)2016では失望する結果となりました。どのようにそこからモチベーションを上げたのでしょうか?

アラバ 長いシーズンを戦った後で、あのようなビッグトーナメントに出場するのは決して簡単なことではない。僕にとってはまったく初めての経験でもあった。でも、これからもあのような経験を積めるようになりたい。

――つまり、今はもう前だけを見ていると?

アラバ 僕はウィーンで家族と3週間過ごし、友達に会ったりしていた。そうしているうちに、また自然と前を向けるようになった。今は新監督の下、大きな目標に向けて動き出している。僕らはみんな、それだけに集中している。バイエルンというクラブ、そしてここに所属する選手は、全員がいつも非常に高いモチベーションを持っているんだ。可能な限りすべてのタイトルを獲得したいし、それが僕たちに求められていることでもある。

――ドルトムントは選手の顔ぶれが大きく変わりました。しかし彼らは今季もバイエルンの追走者であり続けるでしょうか?

アラバ 間違いないね。ドルトムントはいつだって素晴らしいチームを作り上げてくるクラブだ。今シーズンもそれは変わらないと思う。僕らはシーズン終了時に順位表の一番上にいられるよう、全力で戦っていく必要がある。

――バイエルンに3シーズン所属したゲッツェはドルトムントに帰っていきました。

アラバ もう彼とは長い付き合いだ。アンダー世代の代表戦で対戦したこともあるからね。ここバイエルンでも、プライベートでの付き合いもたくさんあった。

――多くの人は、「ゲッツェはバイエルンで良いプレーができなかった」と考えています。

アラバ それは間違いだ。彼は本当に多くの試合で輝いていたし、チームにとって非常に重要な選手だった。残念ながら彼はけがと戦わなければならなくて、それで彼は苦しんだと思う。しかしゲッツェが素晴らしいサッカー選手であることは間違いない。彼がドルトムントでうまくいくことを願っている。

「すべての監督が独自のスタイルを持っている」

――さきほどアンチェロッティ監督の話をしましたが、グアルディオラ監督と決定的に違うところはどこでしょうか?

アラバ さっきも言ったように、すべての監督が独自のスタイルを持っている。アンチェロッティ監督について言えば、彼はかなり選手と会話をする監督だ。でもまだ来て間もないし、多くの選手はユーロのため合流が遅れていた。今は選手が全員揃い、みんなでトレーニングに励んでいる。

――バイエルンとの契約を2020年まで延長しましたね。しかし他のビッグクラブがあなたに興味を持っているという噂は常に聞こえてきます。

アラバ 僕は世界でベストなクラブ、FCバイエルンでプレーしている。「契約延長か移籍、どちらを選ぶべきか」なんて考えたこともない。2008年からバイエルンにいて、僕はここで成長した。居心地は最高だし、他のクラブからの誘いを断るのは決して“難しい決断”ではない。