ガンバ大阪からアウクスブルクに新加入した宇佐美貴史が7月1日、現地でメディカルチェックを受け、契約書へのサインを行った。契約期間は2020年6月30日までの4年間と、クラブ公式HPで伝えられている。

新天地でもガンバ大阪で背負っていたのと同じ39番のユニホームが用意された。「メディカルチェックと契約書のサインを早く終えられて良かった。新しいチームメイトに会い、彼らと一緒にピッチに立つことを楽しみにしている」と話した宇佐美は7月2日(現地時間15時)、チームの練習に初合流する。なお、翌3日に行われるテストマッチへは出場しない予定だ。

アウクスブルクについて知っておきたい5項目

シュースター監督のインタビュー記事へ