2016/17シーズンのブンデスリーガは8月26日にスタートする。そこで当サイトでは「プレシーズンチェック」と題し、各クラブの今季展望を探っていく。第8弾は香川真司が所属するドルトムント

(1)今シーズンの目標

ドルトムントは今夏、3人の主力を手放し、8人の新加入選手を迎えた。トーマス・トゥヘル監督は「リスクのある新たなスタート」、ハンスヨアヒム・バツケ社長は「野心的な大改革」と話している。それでも、バツケ社長は「我々の目標は欧州チャンピオンズリーグ(CL)の自動出場権獲得だ」と言い切る。また、今シーズンも優勝争いをすることがドルトムントのアジェンダでもある。再びバイエルンと拮抗する勢力になることが中期的な目標だ。「私は2、3年以内に我々が再び優勝することを確信している」と、バツケ社長は自信をのぞかせる。

(2)指揮官

トゥヘル監督にとって2シーズン目は、ドルトムントでの本当のスタートと言えるかもしれない。昨シーズン、優勝には届かなかったもの2位の成績を残し、その手腕が本物であることを証明した。しかし、昨シーズンのメンバーはユルゲン・クロップ前監督時代とほぼ変わらなかったのも事実。選手の大幅な入れ替えが行われた今シーズンは“新生ドルトムント”“新生トゥヘル体制”となり、トゥヘル監督自身も「挑戦」と位置づけている。また、「リスクのある道だが、そのリスクは功を奏するだろう」とも話す。若手とベテラン、さらに新加入選手をチームに融合させ、豊富なタレントをどう使うのかーー? ただ、トゥヘル監督がチームワークを何よりも優先するということはすでに昨シーズンから分かっている。

(3)キープレーヤー

マーコ・ロイスとマリオ・ゲッツェ、アンドレ、シュアレのドイツ代表トリオが前線にそろった。この3人がチームを一つ上へ導くと、期待されている。ゲッツェとシュアレが新たなチームで再びそれぞれの才能を十分に発揮することができれば、度重なる負傷に見舞われているロイスのけがを防ぐこともできるかもしれない。この3選手の経験と能力がドルトムントをパワーアップさせるだろう。

(4)豆知識

・ドルトムントは昨シーズン、チーム史上最多の82ゴールを挙げた

・GKローマン・バイデンフェラーはドルトムントで15シーズン目を迎える。カイザースラウテルン時代の2シーズンを含めブンデスリーガに毎シーズン出場しており、これは現役選手の最長記録だ 

プレシーズンチェック(1):アイントラハト・フランクフルト

プレシーズンチェック(2):アウクスブルク

プレシーズンチェック(3):ケルン

プレシーズンチェック(4):ハンブルガーSV

プレシーズンチェック(5):ヘルタ・ベルリン

プレシーズンチェック(6):マインツ

プレシーズンチェック(7):シャルケ