14才でドルトムントの下部組織に加入し、トップチームデビュー後は3度のリーグ優勝、1度の欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝、そして2度のドイツ・スーパーカップ制覇を達成したラース・リッケン氏。同氏は引退後の2008年からドルトムントの育成部コーディネーターを務め、今もなお同クラブのために身を粉にしている。スーパーカップを目前に控えた中、当サイト独語版はリッケン氏との独占インタビューを敢行。スーパーカップをはじめ、ゲッツェの復帰、バイエルン・ミュンヘンのアンチェロッティ新監督について語ってもらった。

――あなたにとって、ことしのドイツ・スーパーカップの位置づけはどのようなものでしょうか?

リッケン バイエルンもドルトムントもスーパーカップに真剣に臨むだろう。近年を見ると、多くの場合はリーグ優勝クラブがスーパーカップで勝てていない。だから我々が少し有利かもしれないね。もちろん緊迫した試合になることを期待しているよ。それにゲッツェは元バイエルンの選手、フメルスは元ドルトムントの選手だ。それだけでも十分、緊張感のある試合になると思う。プレシーズンの単なる練習試合、とはならないはずだ。

――チケットも完売だそうですね。

リッケン 我々のファンも、再びシーズンが始まることを待ち切れないんだ。もう夏休みは十分だ。きっとスーパーカップは彼らに最高のものを与えてくれるだろう。

――あなた個人は、特にどの部分を楽しみにしてますか?

リッケン きっと今季のブンデスリーガでは、我々が最もわくわくするような選手層なんじゃないかな。確かに痛手となる放出もあったけれど、我々は非常に興味深く、そして賢い補強をすることができた。

「我々が1-0で勝利する」

――最近のスーパーカップで優勝したドルトムントとウォルフスブルクは、その優勝したシーズンは低迷しています。あまり良くないジンクスなのではないでしょうか?

リッケン もし統計がポジティブなものだったら、それを受け入れるとしよう。しかし、そうでなければ、それは無視してゴミ箱にでも放り投げるだけだ(笑)

――ドルトムント側から見れば、ゲッツェとローデが古巣と対戦することになり、バイエルン側からみればフメルスがそれにあたります。彼らはうまく新チームに溶け込めているでしょうか?

リッケン ローデはすでに数週間トレーニングを積み、非常に良くチームに順応している。彼は、チームの戦術にうまく自分を合わせることができるタイプだ。もちろんゲッツェもまったく問題ない。かつて一緒にプレーしていた選手もまだ多く残っているしね。

――ゲッツェは再びトップフォームを取り戻すことができるでしょうか?

リッケン バイエルンではチャンスがもらえなかったが、彼は重要な試合でプレーするべき選手だ。バイエルンでのこの数年間、そのような試合で出場機会を与えてもらえなかったが、彼は本来、重要であればあるほど、素晴らしいレベルを引き出し、トップフォームでプレーできる選手なんだ。きっとドルトムントではそのチャンスをもらえるはずだ。

――ドルトムントでは選手の顔ぶれが大きく変わりましたが、バイエルンは指揮官がアンチェロッティ監督になりましたね。

リッケン バイエルンは今後もタイトルへの渇望を持ち続けるだろう。3冠を獲得しようと、その飢えがなくなることはなかった。ザマーSDはいなくなったが、彼らには勝利を追求する遺伝子が組み込まれている。アンチェロッティ監督に変わり、どの選手も自らの力を証明しようと燃えているはずだ。

――最後に、スーパーカップの結果予想は?

リッケン 我々が1-0で勝利するよ。