ブンデスリーガ・ワールドツアーでアメリカを訪問中のバイエルン・ミュンヘンは現地時間の8月3日、ニュージャージーで欧州チャンピンズリーグ(CL)王者のレアル・マドリード(スペイン)と強化試合を行った。約8万人の観客が見守る中、79分にダニーロに先制を許したバイエルンは追いつくことができず、0-1で敗戦した。翌日、チームは10日間の日程を終え、ミュンヘンに帰国した。

また同日、今夏の欧州選手権(EURO)で優勝したポルトガル代表のレナト・サンチェスが合流。早速、ピッチの芝生の状況を確かめた。

新加入のサンチェスについて知っておきたい10項目