7月20日のブンデスリーガ各クラブ、プレシーズン情報をお届けする。

ワールドツアー

香川真司の所属するドルトムントが、昨年に続きことしもアジアツアーへ出発した。今回の滞在先は中国となっており、現地でマンチェスター・U(イングランド)、マンチェスター・C(イングランド)と2試合のテストマッチを行う予定だ。

グアルディオラ監督、帰還

バイエルン・ミュンヘンはホームでマンチェスター・シティー(イングランド)と親善試合を行い、昨季まで同チームを率いたジョゼップ・グアルディオラ監督と再会を果たした。試合は20歳のエズトゥルクのゴール(76分)でバイエルンに軍配が上がった。

メディアツアー

内田篤人のシャルケはブンデスリーガ公式用の写真撮影などを行う『メディアデー』に臨んだ。

詳しい様子はこちらから

新加入選手

宇佐美貴史の所属するアウクスブルクが、昨シーズン限りでハンブルガーSVとの契約を満了したゴイコ・カチャルを獲得。また原口元気と細貝萌のヘルタ・ベルリンも、スロバキア代表MFオンドレイ・ドゥダとの契約を発表している。