7月10日のブンデスリーガ各クラブのプレシーズン情報をお届けする。

香川、練習復帰

香川真司は前日からチームに合流し、この日は30度近い暑さの中、ドルトムントのチームメイトとともに汗を流した。

内田もドイツに帰国

シャルケに所属する内田篤人も日本から帰国し、チームに合流した。膝の負傷により昨シーズンは試合に出場することができなかったが、新シーズンでの復帰を目指す。

ケルン、合宿地へ出発

大迫勇也の所属するケルンは、合宿地のバート・タツマンスドルフ(オーストリア)へと出発する。ウィンターブレークに合宿を行わなかった同クラブにとって、海外でのトレーニングキャンプは1年ぶり。今回は5日間と短い滞在だが、7月29日から第2次キャンプも予定されている。 

ハンブルク酒井、一次合宿を振り返る

ハンブルガーSVは本拠地に戻ってトレーニング中。酒井高徳は1次合宿での写真をインスタグラムに投稿している。

宮市vs香川

宮市亮の所属するブンデスリーガ2部所属のザンクト・パウリは本日、合宿地のマリア・アルム(オーストリア)に出発した。チームはここで21日までトレーニングを行い、14日の現地時間18時からは香川の所属するドルトムントとテストマッチを実施する。 

宮市のチームメイトの中には個性的なバッグで合宿に参加する者も・・・。