8月6日のブンデスリーガクラブ、プレシーズン情報をお届けする。

EURO王者たちの会見

欧州選手権(EURO)2016の覇者ポルトガル代表選手がついにチームへ合流。バイエルン・ミュンヘンは、レナト・サンチェスに加え、マッツ・フメルスの2人が会見に出席した。また香川真司のドルトムントは左サイドのスペシャリスト、ラファエル・ゲレイロの会見を行っている。

うっぷん晴らす2得点

原口元気のヘルタ・ベルリンはFCアルジャジーラ(UAE)と練習試合を行った。4日の欧州リーグ(EL)予選3回戦に長時間出場したメンバーは試合に出ず、そのブレンビー戦で出番のなかった原口は先発出場。18分にユリアン・シーバーのゴールで先制点を奪ったヘルタだったが、33分と36分に立て続けに失点し、1-2で前半を終了した。後半から原口は右MFに入ると、ELで出場できなかったうっぷんを晴らすかのように、80分と81分に連続ゴール。これによりヘルタは3-2の逆転勝利に終わっている。また原口は、これで7月30日のブラウンシュバイク戦に続き、練習試合ではあるものの2試合連続得点を記録。定位置奪取に向けて良いアピールができた。

2部開幕節の結果

ブンデスリーガ2部開幕節2日目は3試合が行われた。

ボーフムウニオン・ベルリンは2-1でボーフムが勝利。ザントハウゼンフォルトゥナ・デュッセルドルフは、終了間際のオウンゴールでデュッセルドルフが追いつき2-2で終戦。3部から昇格したデュナモ・ドレスデンは本拠地で、昨季3位のニュルンベルクと対戦し、1-1で引き分けている。