12月12日に行われたブンデスリーガ第16節で、酒井高徳が所属するハンブルガーSVは敵地でウォルフスブルクと1-1で引き分けた。試合後、フル出場した酒井がインタビューに応じた。

――追いつかれて1-1。この結果をどう受け止めていますか?

酒井 まぁ、後半ずっとあの戦い方をしてしまうと、やっぱりいつか1点(取られてしまう)というところはあったので。まぁ・・・失点の仕方も別に何かが悪かったというわけではないと思うし、相手がうまく取った1点だなと思うので。まぁ、でも(第16節を含め前半戦が)残り2試合と考えた時に、アウェーでのウォルフスブルクで勝ち点1を取れたのは上出来かなと思います。

――試合の入り方としてはどういうプランでしたか?

酒井 監督とのミーティングでは、「引いて対応するチームが多いけど、引かずにプレッシングを仕掛けていきたい」ということでした。(ハンブルクの)1点目はその形で取れたのですごく良かったと思うし、自分たちの狙い通りのサッカーができたのかなと思います。

――ボールの奪い方も良く、ある程度の深さまではボールを運べましたが、ゴール前ではパスミスが多くなってしまいました。

酒井 そうですね、そこがハンブルクと、ウォルフスブルクとか上位にいるチームの違いなのかなと思います。そこで落ち着いてボールを右に左に回しながら持てる、あるいは違いを出せるような動きだったり、パスだったりを出せる選手がいるのか、というところだと思うので。ボールの失い方が簡単すぎたというところはありますね。せっかくのチャンスだったのに・・・。

――上位のクラブとの勝ち点差も縮まってきました。

酒井 そうですね、次勝ったら25ポイントになるのかな。25ポイントならだいぶ良い位置にいると思うので、しっかりそれを続けたいと思うし。(前半戦の)最後はホームなので勝って終わりたいと思います。

この試合の記事へ