中国ツアーを行っているウォルフスブルクは5月21日、広東省の珠海でPSVアイントホーフェン(オランダ)と親善試合を行った。66分にカリジュリが相手DFのミスをついて先制点を挙げたウォルフスブルクだったが、その5分後に同点に追いつかれる。試合は90分では決着がつかず、PK戦によりウォルフスブルクが勝利を収めた。

この日の午前中にはクリスティアン・トレッシュ、マックス・クルーゼ、イスマエル・アズーイが書道を体験した。3選手は各自の名前を漢字で書くのに悪戦苦闘しながらも、異なる文化に触れて感銘したようだ。