ブンデスリーガの再開まで1週間となった。約半数のクラブは合宿を終えて帰国。合宿中のチームは温暖な地で最終調整を行っている。

ラスト3日

香川真司が所属するドルトムントは、合宿地ドバイ(トルコ)で練習を続けている。あす15日(金)には韓国王者の全北現代モータースとテストマッチを行い、16日に帰国する予定

プライベートでも仲の良いことで知られている、オバメヤンとロイスがPK対決を行った。

海岸で最後の練習 

シャルケはフロリダ合宿最終日。チームは砂浜の上で最後のトレーニングを行った。内田篤人は仲間の練習を見守っている。

仲間のサポート

練習後、チームメイトのクレベル・ライスにテーピングを手伝ってもらう酒井高徳。ハンブルガーSVはあす15日(金)、ヤング・ボーイズ・ベルン(スイス)と強化試合を行う。

熱狂的なサポーター

合宿地のベレク(トルコ)に駆けつけるたハンブルクのサポーターと記念写真

原口元気が所属するヘルタ・ベルリンだって負けてはいない。同じくベレクの地にこれほどのファンが集合した。

ホームで練習再開

アブダビ(UEA)合宿から帰国した長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトは、ホームでの練習を再開した。

バイエルン・ミュンヘンもドーハ(カタール)から戻り、ホームで練習を再開している。

 

帰途につく 

酒井宏樹と山口蛍の所属するハノーファーは、約1週間の合宿を終え、ベレクから帰国した。現地で行った強化試合の結果は、2勝1敗。新加入の山口は2試合にフル出場している。

 

地元に残って

冬季合宿を実施しなかったケルンは、きょうもホームタウンで練習中。大迫勇也は1月20日、クラブ公式ツイッター日本語版でファンと交流を行う予定。