ブンデスリーガ全チームがすでに後半戦に向けて始動している。ケルンインゴルシュタット以外の16チームはドイツより気温の高い国で冬季キャンプを行う予定。すでにキャンプ地に到着したチームは太陽の下、まだドイツに残っているチームは寒空の下、トレーニングに励んでいる。

雪山で一晩

武藤嘉紀が所属するマインツは、スペイン合宿(1月6日〜11日)の前にスイスで雪山登山に挑んだ。

初ピッチ

香川真司が所属するドルトムントは、前日に乳酸値テストと屋内でのトレーニングを開始。本日は2016年初のピッチでの練習が行われた。12月までドイツは全国的に暖冬だったが、新年からは例年通りの寒さとなっている。本日、チームからKリーグ(韓国)連覇中の全北現代モータースと1月15日、合宿地のドバイでテストマッチを行うことが発表された。

キャンプスタート

長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトは合宿地のアブダビ(アラブ首長国連邦)に到着した。ここで13日までトレーニングを行う。

きょうまでの我慢

酒井高徳が所属するハンブルガーSVはホームで2部練習。雪が降る厳しい寒さの中だが、明日からは暖かいトルコでの合宿が待っている。

しばしの我慢

原口元気が所属するヘルタ・ベルリンの合宿期間は比較的短く、9日まではホームでトレーニングを重ねる。前日は室内トレーニングだったが、きょうは選手たちが再びピッチに姿を現した。

ワールドツアー

内田篤人の所属するシャルケはアメリカのフロリダ州に到着。チームのための準備は整っており、これから初練習を行う。

シャルケよりも1日早くオーランドに着いたレーバークーゼンは、2日目の練習を行った(スケジュールは絵文字でご確認ください)。メキシコ代表のチチャリートの人気は本日も健在だ。