ブンデスリーガ第23節2日目が2月27日に行われ、清武弘嗣、酒井宏樹、山口蛍が所属するハノーファーは敵地でシュトゥットガルト に2-1で勝利した。日本人3選手は初めて同時に先発出場。清武はFKから全2得点に絡む活躍で、チームの連敗を8でストップさせた。

シュトゥットガルト 1-2 ハノーファー

ハノーファーのシャーフ監督は、前節から先発メンバーを6人を変更した。そのハノーファーが開始4分、本職ボランチで初出場となった山口と清武のコンビネーションでシュートチャンスを迎える。後方からのパスを山口がヒールで清武につなぐと、最後はフォッスムがミドルシュート。枠は捉えたもののGKティトンにセーブされた。その後も積極的な攻撃を続けたハノーファーだったが、18分、FKからシュトゥットガルトに先制されてしまう。相手左サイドからのボールに対し、ハノーファーのDF3人が同じ相手に気を取られ、背後でフリーになったウェアナーにヘディングで決められてしまった。失点後のハノーファーは、立ち上がりのようなリズムをなかなか取り戻すことができない。ところが32分、清武が相手ペナルティーエリアの右角付近でドリブル突破を試みてFKを獲得し、そのボール自らセット。正確なキックでファーサイドに走り込んだシュルツの頭にぴったり合わせ、同点弾をお膳立てした。試合は1-1でハーフタイムを迎えた。

後半になるとシュトゥットガルトが底力を示し、ハノーファーゴールに迫った。サイドから再三チャンスをつくられたハノーファーはこれを何とか防ぎ続ける。65分には自陣のペナルティーエリアの1m外で山口が勢いよく突破してきた相手をファウルで止め、ひやっとする場面もあった。このFKの流れから迎えた大ピンチは、DFゾークがぎりぎりのところで足を伸ばして救った。75分にも左サイドで突破を許したハノーファーだったが、GKツィーラーが相手のシュートコースを詰めて難を逃れる。そして、78分にもツィーラーが相手との1対1を止める攻守を見せた。83分、劣勢だったハノーファーが決勝点を挙げる。またも清武からのFKにシュルツが頭で合わせ、一度はGKに弾かれたボールを自ら押し込んだ。ハノーファーがこのリードを守り切り、勝ち点3を敵地から持ち帰った。

清武と山口の試合後インタビューへ

清武がMOMに選出