昨年夏、香川真司が所属するドルトムントからガラタサライ(トルコ)へ移籍するも、今冬再びドイツへ戻って来たケビン・グロースクロイツは、新天地シュトゥットガルトで順風満帆の日々を過ごしている。当サイト独語版が、そんな同選手とのインタビューに臨んだ。

――あなたが加入してからシュトゥットガルトは好調ですね。これはあなたのおかげでしょうか?

グロースクロイツ もちろん僕1人の成果ではないよ。このチームには巨大なポテンシャルがある。今の僕たちはみんなが一丸となって戦うことができているんだ。

――前半戦は結果が出ませんでしたが、今は良いチームへと変わりました。どこに理由があるとお考えですか?

グロースクロイツ ピッチの外でも中でも全員が1つのチームとしてまとまっている、それだけだね。お互いのために全力を尽くし、試合の最後までチャンスを作るようにプレーしている。それがいつかは報われるだろう。

――今季途中でバトンを引きついたユルゲン・クラムニ新監督の影響もあるのでしょうか?

グロースクロイツ 彼は選手全員を育てることができるスーパーな監督だよ。チームを良い方向に導いてくれる。

「今の自分は最も幸せな人間」

――シュトゥットガルトでの日々を楽しんでいるようですね。

グロースクロイツ 今の自分は最も幸せな人間だね。グラウンドに立てることに、ただひたすら喜びを感じている。僕たちは順位表の一番下のあたりにいたけれど、次のフランクフルト戦も残留争いのためには重要な試合となる。そこで勝たなければならない。これからも一生懸命トレーニングし、順位を浮上させたい。

――あなたはドルトムント出身ですが、シュトゥットガルトでの生活はどうですか?

グロースクロイツ とても居心地が良いね。クラブは僕のことを温かく迎え入れてくれた。よく笑い、楽しんでいる。それこそが最も大事なことだ。

――コンディションはどうでしょう? すでに100%の状態ですか?

グロースクロイツ 足も、心肺も全て問題ない。今すぐにでもイングリッシュ・ウィーク(※週の中頃にもリーグ戦を行う過密日程)を戦えるくらいだよ。

――ここにいられることがあなたにとってパーフェクトだと?

グロースクロイツ 監督が僕たちのモチベーションを上げ、チームは非常にうまく機能している。これからも同じように続けていかなければならないね。