当サイトのドイツ語と英語の公式ツイッターアカウントでは、現在3位から6位につけるヘルタ・ベルリンシャルケメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)、レーバークーゼンの4チームで、「欧州チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得するは?」というアンケートを実施した。その結果、原口元気の所属するヘルタが総合で39%を獲得し、1位に輝いた。

質問:「CLの出場権を獲得するのは?」

クラブ総合結果
ヘルタ・ベルリン39%
レーバークーゼン22%
メンヘングラートバッハ20%
シャルケ19%

ヘルタはドイツ語版では43%でトップなのに対し、英語版では30%で2位。英語版で1位を獲得したのは、順位上では下位のレーバークーゼンだった。

【ドイツ語版】

【英語版】

実際、現役時代にヘルタでCL出場経験もあるパル・ダールダイ監督は、選手にプレッシャーを与えないためにも、この話題には触れたがらない。しかし、エースのサロモン・カルーは、「CLに出場することができれば、センセーショナルなことでしょう。実際、それは自分たちだけに懸かっていることです。この先も淡々と、自信を持って試合に臨めば、シーズンを3位で終わることができると思います。それを確信しています」とインタビューで話している。ブンデスリーガは残り7試合。この投票結果とカルーの言葉通り、ヘルタは17年ぶりにCLへの切符をつかむことができるだろうかーー?

チームチェック:ヘルタ、悲願のCL出場へまい進
当確ライン、7位のクラブがヨーロッパに進出するには?