ホフェンハイムは2月11日、史上最年少28歳のユリアン・ナーゲルスマン氏が監督に就任した。2試合目となった前節マインツ戦でホッフェンハイムは6試合ぶりに勝利し、今季3勝目を挙げている。この試合で2ゴールを挙げたFWマーク・ウトに新監督や次節のドルトムント戦について話を聞いた。

——前節、ご自身としてはブンデスリーガ13試合目にして初勝利となりました。また、2得点を挙げましたが、お気持ちはいかがでしたか?

ウト 最高の気分でした。チームにとっても(勝利が)重要だったから。楽しかった。1得点目はケビン・フォラントの、2得点目はパベル・カデラベクからの素晴らしいアシストからでした。ホームで勝ち点3を獲得したことが何よりも重要だったんです。

——ブンデスリーガでプレーするのは1年目です。シーズンの3分の1が過ぎましたが、高いレベルに適用するのは難しかったですか?

ウト 成果を挙げることができなかったから、大きなチャレンジでしたね。練習はこれまでよりもインテンシブになりました。今はこれから、全てが良くなることを願っています。

——過去3シーズン、オランダのリーグで40得点を挙げました。周囲から大きな期待をされていたと思います。

ウト 新しいチームに加入したときは、すぐに重要な、できれば主力戦選手になりたいと思うものです。自分の場合、残念ながら強化試合で負傷してしまいました。100%回復するまで、時間がかかったんです。それにより、うまくいかないことが多々ありました。でも、それは至って普通のことなんですよね。穴に落ちたら、自信を失くしてしまうものです。

——現在はブンデスリーガでうまくやっていると感じますか?

ウト そう思いたいですね。マインツ戦は自分にとっても、みんなにとってもとても重要でした。

4歳上の新監督

——ナーゲルスマン監督の就任から2試合でチームは勝ち点4を獲得しました。

ウト この2戦、良い試合ができました。ブレーメンとのアウェー戦で勝ち点1を獲得し、ホームで勝利できた。数週間後、これがターニングポイントになったかどうかが分かるでしょう。チームは良く練習していますし、攻撃なプレーを目指しています。チームの練習は楽しいですよ。自分たちはプランを持っているし、とても楽観的です。反動があるかもしれなということが分かっていてもね。

——現在下から2番目の17位ですが、降格を免かれる15位との勝ち点差は4に縮まっています。残留の可能性をどのように見ていますか?

ウト まだ試合は多く残っています。今のように続けていければ、絶対に残留できると思います。

——ナーゲルスマン監督とは4歳しか離れていません。監督はどのように働いていますか? またチームにどんな言葉を掛けていますか?

ウト 彼はサッカーの楽しさを教えてくれる。自分たちはまたサッカーを楽しみ、勝利する喜びを経験しないといけません。そのためにもっと攻撃的にプレーし、シュートチャンスをつくらなければならない。攻撃的にいけば、ボールをキープすることができ、敵陣のゴールもそう遠くはないはずなので・・・。

——マークス・ギスドル元監督(今季第10節後に解任)の下では、そのようにプレーしていましたよね。フープ・ステフェンス前監督は、それほど攻撃的ではなかった。攻撃的なプレーの方が好きですか?

ウト とても攻撃的で、プレッシングをし、ボールを支配し、シュートチャンスをつくる。それが自分のサッカーです。でも、今の自分たちの状況では、ステフェンス前監督がやったように、まずは守備を安定させることも大事です。

オランダで武者修行

——以前はケルンのセカンドチームに所属していました。その後、オランダのヘーレンフェーンとヘラクレス・アルメロというトップレベルの2チームでプレーされましたが、外国で経験は成長を促しましたか?

ウト 自分の成長の上で、とても重要でした。1部リーグを経験することができましたから。3年目はヘーレンフェーンで毎試合に出場し、監督から信頼を得ることもできました。自分にとってステップアップになりました。

「ドルトムントに勝つこともできる」

—2月28日(日)の第23節、ホフェンハイムは敵地でドルトムントに挑みます。ドルトムントから勝ち点を奪うチャンスはあるでしょうか?

ウト ドルトムントのクオリティーがとても高く、多くの一流選手がいることは知っています。でも、自分たちはドルトムントへ乗り込み、そこで何かを得なければいけません。自分たちは自信をもってプレーします。失うものは何もありません。そこで勝つしかないし、攻撃的なプレーをしたいと思います。前半戦はホームで1-1で引き分けました。全てがうまくいけば、ドルトムントに勝つこともできるでしょう。