ブンデスリーガ2015/16シーズンは残り7試合となった。ここで各クラブの現在の状況をおさらいする。第3回は3位につける原口元気のヘルタ・ベルリンをクローズアップ。

チーム状況

昨シーズン最終節でようやく残留を決めたヘルタが、今季ここまで飛躍を遂げると予想できた者は決して多くないはずだ。パル・ダールダイ監督が何よりも優先して取り組んだことは、守備の安定化。第27節終了時点の失点数27は、バイエルン・ミュンヘンドルトムントに次ぐリーグ3位の成績で、昨年同時期と比べると17も少ない。得点力こそ中位であるが、そんな堅守を武器にのし上がってきたヘルタは、直近13試合で2敗しかしておらず、4位シャルケとの勝ち点差もついに4に広がっている。

ラスト7試合の対戦相手

今後の展望

スポーツディレクターのミヒャエル・プレーツ氏が「目の前の試合に集中するだけ」と話そうとも、17シーズンぶりとなる欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場へ、周囲の期待は高まるばかり。上述のように4位シャルケとは4ポイント差をつけ、今季2度の対戦はすでに終了したが、次節は勝ち点差6のメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦であり、また同じく6ポイント差のレーバークーゼン、同7差のマインツなど、欧州カップ戦の出場に狙いを定めているクラブとの試合や、首位を走るバイエルン戦なども残っている。これら強豪との直接対決を制することができるかどうかが、CL出場への鍵となる。

「原口のヘルタ、17年ぶり欧州トップ舞台への道」(3月15日付)

キープレーヤー:サロモン・カルー

  • すでに昨シーズンの総得点を上回っているヘルタは、守備だけでなく攻撃という点でも、明らかな向上が見られる。前節インゴルシュタット戦、カルーはチーム2点目を決め、今季のクラブ総得点を37とし、昨シーズン全体の総ゴール数36を早くも上回った。

  • 昨シーズン6得点だったカルーは、今季すでにその倍以上となる13ゴールを記録。シーズンを通して高いパフォーマンスを保っている。また1ゴールを挙げるまでに要するシュート数は4本以下となっており、その得点率はブンデスリーガで最高の数値。

原口元気

ここまで2得点3アシストと、ゴールに絡んだ機会は少ないが、左右の攻撃的MFとしてダールダイ監督の信頼を勝ち取り、今シーズンの総出場時間は現在チームで4番目の2143分。またブンデスリーガでプレーする日本人選手の中では堂々の首位となっている。第27節インゴルシュタット戦では1ゴール1アシストをマークしヘルタの全得点を演出するなど、殊勲の働きだったが、試合後に「どれだけ継続できるかだと思うので。もっと(チームに)貢献したいという気持ちが強いですね」と話すなど、慢心はない。また守備面も大幅に改善され、攻から守への切り替えが非常に速くなり、激しいボディーコンタクトで敵からボールを奪うシーンなども多く見られるようになっている。

原口のスタッツへ

他のクラブの状況は?「チームチェック一覧」はこちらから