2008年1月、1人の日本人が新たに海を渡り、ブンデスリーガの舞台へやって来た。当時24歳だった若者の名は長谷部誠――現在アイントラハト・フランクフルトに所属する同選手は、リーグ通算200試合出場が目前に迫っている。

ドイツへ渡って丸8年

何よりも規律を重んじるフェリックス・マガト監督に見出され、2007/08シーズン後半戦開幕前にウォルフスブルクへ加入した長谷部は、正式契約から2週間後の第18節アルミニア・ビーレフェルト戦で46分から途中出場し、晴れてドイツでの第1歩を踏み出した。その翌節には早速初の先発、そしてフル出場を叶え、第30節のレーバークーゼン戦では初得点もマーク。加入1シーズン目ながら全17試合のうち16試合でピッチに立つなど、早々に主力としての地位を築き上げたのだった。また2年目となった2008/09シーズンには、日本人選手としては1977/78シーズンにケルンでプレーしていた奥寺康彦氏以来、31年ぶりとなるブンデスリーガ優勝も達成。ウォルフスブルク成功の歴史に「Makoto Hasebe」の名はしっかりと刻みこまれている。

その後、日本代表キャプテンをも務めるようになった長谷部だったが、2013年1月に就任したディーター・ヘッキング監督の構想では右SBが主戦場。ボランチとしての出場機会を求めていた男は同年夏、移籍市場が閉まるぎりぎりのタイミングで、5年半もの間居を構えていたウォルフスブルクを去り、古豪ニュルンベルクへの移籍を決断した。残念ながら同クラブでは、冬季キャンプ中の半月板損傷、そして2部への降格という不運に見舞われるも、2013/14シーズン前半戦は13試合連続フル出場を果たしている。

昨シーズンから今に至るまで在籍するフランクフルトは、長谷部にとってブンデスリーガ3クラブ目だ。2014/15シーズンは出場停止の1試合を除く全33試合に先発し、そのうち26試合でフル出場。指揮官がアーミン・フェー監督に変わった今季もここまで第9節を除き、全試合でキックオフの笛をピッチ上で聞いている。ドイツにプレーの場を移して丸8年が経過し、ベテランと呼ばれる年齢になろうとも、長谷部という選手の価値は常に上昇の一途を辿っているのだ。

初出場への期待

さて、長谷部が200試合出場という大台を達成しようとしている一方、今冬ハノーファーに新加入した山口蛍にはブンデスリーガ初出場という期待がかかっている。同クラブにおいてボランチのポジションはサリフ・サネ、マヌエル・シュミーデバッハ、レオン・アンドレアセン、アンドレ・ホフマンなどがひしめく激戦区ではある。しかしトーマス・シャーフ監督が「自分の休暇を使って日本に数日いたが、彼は非常に勤勉で、走力もある力強い選手だ。試合の流れを読むこともできる」と称賛したように、前節は早速ベンチ入りを果たした。第18節で逆転負けを喫してしまったチームの新たな起爆剤としての役割が、山口には求められている。

※2016年1月26日現在のブンデスリーガ出場試合数は以下の通り。

選手名出場試合数
奥寺康彦234
長谷部誠199
高原直泰135
岡崎慎司128
清武弘嗣105
内田篤人104
細貝萌102
香川真司94
酒井高徳94
酒井宏樹78
乾貴士75
尾崎加寿夫62
大迫勇也43
稲本潤一43
原口元気38
小野伸二29
宇佐美貴史23
武藤嘉紀18
矢野貴章15
長澤和輝11
大久保嘉人
槙野智章
大前元紀
金崎夢生
大津祐樹
丸岡満
山口蛍