4月10日に行われたブンデスリーガ第29節で、ドルトムントは敵地で宿敵シャルケと2-2で引き分けた。試合後、ルールダービーで2試合連続得点となったDFマティアス・ギンターがインタビューに応じた。

——ギンター選手、上唇は大丈夫でしょうか? 何が起こったのですか?

ギンター わざとではなかったんですが、肘が当たってしまったんです。こういうことはよくあります。ピッチ上ではステープラーで止めてもらったのですが、その後、ロッカールームで4針縫ってもらいました。

——とても痛そうですね。

ギンター もう痛くはありません。それでも唇に注射を2回も打たれたので、決して心地よくはありませんよ・・・。

——試合中はアドレナリンが出ていたので、痛みを感じなかったのかもしれませんね。またも激しい試合になりました。

ギンター 特に後半はまた予想通りの激しい試合になりましたね。前半はシュートチャンスをつくるのが難しかったです。ボールを失う回数が多かったですし、それで何度もカウンターを許しました。60mの距離を常に行ったり、来たりするのは効率的ではありません。後半に入ってからは良くなりました。それでも、トータルで見ると自分たちの持っている力を全て出せたわけではありません。だから、残念ながら引き分けが妥当と言わざるを得ませんね。

ダービーで連続ゴール

——ヘンリック・ミキタリヤンのFKからヘディングでゴールを挙げました。

ギンター ボールは一度、カットされました。自分は(シャルケのローマン・)ノイシュテッターの背後にいて、彼に(ボールが)渡らないように、自分のところに来るようにと思っていたら、本当に来たんです。ちょっとおかしなゴールで、美しいゴールではありませんでしたが、得点は得点です。

——シャルケ戦のスペシャリストに近づいているようです。前回のゴールも前半戦のシャルケ戦で、それもヘディングによるものでした。

ギンター コーチのアーノ・ミヒェルスが試合前、自分がいつ最後にゴールを決めたか、わざわざ思い出させてくれました。それで、「もしかしたら今回もそうなるかもね」って笑ってたんですよ。そしたら本当にそうなって、とてもうれしいです。

——若干17歳のクリスチャン・プリシッチが初のダービー戦で先発しました。彼のパフォーマンスや成長についてどう見ていらっしゃいますか?

ギンター 彼はまた良いプレーをしました。1対1の競り合いも強かったです。前半にはとても惜しいシュート場面もありました。彼はチームのためにも、自分自身のためにもとてもハードワークします。だから、先発に選ばれるのは至極当然です。

「全てを出し、チームのためになるように」

——ギンター選手自身、後半戦は常に先発しているわけではありません。今回、ご自身のチャンスを生かせたという手応えはありますか?

ギンター チームはすでに公式戦48試合を戦っています。そのうち、自分が何試合に先発したか、実はよく分かっていません。確かに何試合かは出場していますが・・・。例えば、(欧州リーグ、ラウンド16の)トッテナム(イングランド)戦、それから前節のブレーメン戦。だから、不満を抱いているということはないです。(トーマス・トゥヘル)監督は、自分がいろんなポジションでプレーできることを分かっています。それに、自分が出場するときは、全てを出し、チームのためになるように試みています。

——今節のスターティングメンバーには驚きませんでしたか? 多くの入れ替えがありました。

ギンター 先ほど言ったように、自分たちは今季48の公式戦を戦ってきました。全試合に出場できる選手などいません。ローテーションと変更は必要となってきます。それがダービーで行われたからといって、驚きませんでした。それに、何試合も全く同じ11人が先発することはまれですし・・・。

——リバプール(イングランド)のユルゲン・クロップ監督も週末のプレミアリーグではメンバーを大幅に入れ替えました。4月14日(木)に欧州リーグ(EL)の準々決勝・第2戦をアウェーで戦いますが、どのようなことが予想されますか?

ギンター リバプールはプレミアリーグではもう上位を狙えませんからね。リーグで力を使い切り、ELを全力で臨めないようなことはしないでしょう。むしろ、その反対です。ドルトムントで行われた第1戦を見れば、リバプールがとても強いチームだということは分かったと思います。木曜日はまたフィフティー・フィフティーの試合になるでしょう。最後に自分たちにとって良い結果になることを願っています。

この試合の記事へ
香川の試合後インタビューへ
データは語る!ドルトムント香川、シャルケ戦7試合で4得点