ブンデスリーガではマスコットを持っているクラブが多く存在する。ケルンとアイントラハト・フランクフルトは実際の動物がその役割を担っているが、その他のクラブではオリジナルのキャラクターが会場のお客さんを盛り上げたり、チームの一員として共に戦っている。

ブンデスリーガのマスコット、フォトギャラリーへ

ブンデスリーガ第31節(4月23日)のシャルケレーバークーゼンを前に、チームを代表してシャルケの「エルウィン」とレーバークーゼンの「ブリアン・ザ・ライオン」がさまざまな種目で競争を行い、この試合の勝負の行方を占った。

この模様は4月21日(木)に公開予定。2選手の激闘をお見逃しなく!

<選手紹介>

シャルケ代表

人間でも、動物でもないというエルウィン氏

名前:エルウィン
誕生日:1995年5月4日
出身地:炭鉱
背番号:04
身長:?
靴のサイズ:57

レーバークーゼン代表

5月生まれなのになぜか獅子座のブリアン・ザ・ライオン氏

名前:ブリアン・ザ・ライオン
誕生日:2002年5月11日(DFB杯の決勝で初登場)
出身地:レーバークーゼン
背番号:04
身長:195cm
靴のサイズ:59