バイエルン・ミュンヘンは12月4日、翌日に行われるブンデスリーガ第15節2日目のメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦に、フランク・リベリが帯同することを発表した。

同選手は今年3月11日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のシャフタール・ドネツク戦で足首を負傷。その後も痛みが引かずリハビリが長引いていたが、今月2日にようやくチーム練習に合流し、軽快な動きを見せていた。

現在バイエルンはアリエン・ロッベン、ドグラス・コスタ、マリオ・ゲッツェなど攻撃陣にけが人が多いため、ジョゼップ・グアルディオラ監督は「我々にとってビッグニュースだ」と、リベリの復帰を喜んでいる。