今季のブンデスリーガは佳境を迎え、下位に沈むチームは生き残りをかけて残り2試合を戦う。現時点ではハノーファーの降格が確定。長谷部誠の所属するアイントラハト・フランクフルトは6試合ぶりに自動降格圏を脱出したが、17位シュトゥットガルトとは得失点差となっている。各クラブの命運を握る残りの対戦カードを紹介する。