再昇格から2シーズン目のケルンは、昨季と比べると勝ち点5を上回る好成績で前半戦を折り返した。当サイトのインタビューに応じたペーター・シュテーガー監督がここまでを振り返り、大迫勇也についても言及した。

ーーシュテーガー監督、1月上旬にドイツでインタビューできることは異例です。他のクラブが温暖な国でキャンプを行っている中、なぜケルンはホームに残っているのでしょうか?

シュテーガー監督 一つには、私がケルンに来てからそれほど厳しい冬を経験したことはなく、ここでもしっかりトレーニングできる条件が整っているからです。もう一つは、自分たちの後半戦最初の試合は1月23日で、準備までに3週間もないこと。クリスマス休暇の後、選手たちがトレーニングに慣れるまでに3、4日はかかります。合宿に行くとなれば、出発や帰国を含め2日は時間の無駄になるわけです。だから、我々はケルンに残ることにしました。夏のように4、5週間の準備期間があれば、気分転換のためにも合宿に行ったでしょうが・・・。この決断に多少のリスクが伴っていることは確かです。でも、後になって「自分たちの状況に満足している」と言うことができるでしょう。

ーーチームの前半戦にも満足しているのではないでしょうか? 昇格したチームにとって1年目より2シーズン目の方が難しいと言われている中、ここまで好調です。

シュテーガー監督 確かに、多くの人たちが2シーズン目の方が難しいと思っていますよね。でも、私はシーズン前にそうはならないと言っていました。「ほら、シュテーガーは間違っていた!」と言われるかもしれないリスクを承知の上でね。昇格組は1シーズン目の経験、何ができず、何ができたかということから、帰納的に考えられるんだと思います。昇格前は、選手たちのほとんどがブンデスリーガでの経験はありませんでした。それで昨季は、1部と2部とでは異なる経験とメカニズムを学びました。我々は今、それを生かしているのです。

FWのクオリティー

ーー前半戦の最終節ではドルトムントに2-1で勝利を収めました。

シュテーガー監督 前半戦を“たったの”勝ち点21で終えていても、悪くなかったのでしょうが、勝ち点24になりました。なんといっても、勝ち方が良かったですよね。本当にうまくやりました。我々は劣勢を覆すのが難しいチームに逆転したんです。FW論争があった中、それは私にとっては考えられなかったのですが・・・、特に得点者であるアントニー・モデステとジモン・ツォラーのためにも喜んでいます。両選手はとっても良い気分で休暇に入れたでしょう。それは私にとって勝ち点3よりも価値のあることです。そうでなければ、選手たちはせっかく良い前半戦を送ったのに、「自分は十分な力を出せたのだろうか?」と2週間も引きずっていたでしょうから。

ーーすでに頼りになるFWがいますので、この冬季移籍市場でFWの選手を獲得する必要はないですね?

シュテーガー監督 FWの選手たちのクオリティーの高さは、しっかり見せつけたと思っています。アントニー・モデステは7ゴールを挙げ、ジモン・ツォラーは出場回数が少ないにも関わらず4得点です。申し分ないですよ。それに、別のタイプのFWとして、大迫勇也もいます。何より彼は素晴らしい選手です。我々は彼が能力を発揮できるポジションにつかせればいいだけです。フィリップ・ホジナーは限られた出場時間の中でチャンスもありましたが、残念ながらゴールという形にはあまり結びつきませんでした。理想的と言えませんが、それについて非難することはありません。彼がこのチャンスの中で全く頑張らなかったとしたら、問題だったでしょうが・・・。それに、彼はたいていの場合、そのようなチャンスを生かす選手ですから。

ーーゴールチャンスを作る上で、他の選手には何を求めているのでしょうか?

シュテーガー監督 全てをFWの選手に頼るわけではありません。前線の選手は他のポジションの選手からのサポートが必要ですし、2列目の選手はもっと前へ行かなければなりません。ヨルク・シュマートケCEOに「攻撃的な選手がうまくいっていない。どうにかしなければ」と言ったわけでもないですし、今は新しい選手は必要ないと私自身は思っています。それでも突然、チームを向上させると確信できる選手が移籍市場に現れることはあるでしょう。それは、純粋なセオリーです。我々は現在のチームに納得しています。それは前半戦で証明できたと思っています。夏にミショ・ブレチコとスラヴォミール・ペシュコを手放し、その補強をしなかったにも関わらずです。

 何が起こっても不思議ではない」

ーー前半戦を客観的に振り返って印象的だったことは?

シュテーガー監督 ここまでのヘルタ・ベルリンは飛び抜けていますね。安定性と試合の組み立て方を確立し、とても効率的でもあります。前線にはカルーとイビシェビッチという賢い選手がいますし、彼らがよくやっています。すでに昨季の後半戦からパル・ダールダイ監督がチームに安定性をもたらし、次のステップへ進もうとしていたので、私にとっては何の驚きでもありません。昇格組の2チーム(インゴルシュタットとダルムシュタット)もとてもよくやっていると思います。バイエルン・ミュンヘンはもう、別のカテゴリーとして話すしかないですよね。ドルトムントのこれまでの戦いも、気になっていますよ。

ーーチームの参考となるようなことはありましたか?

シュテーガー監督 アンドレ・シューベルト監督はメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)で得たチャンスを見事にものにしましたね。ボルシアMGの例は、『継続的に集中しなければいけないと』という戒めでもあります。あのレベルのチームが昨季と代わらない名監督の下、5連敗を喫したのです。これは、ブンデスリーガでは何が起こっても不思議ではないということです。昨季、ドルトムントが最下位に転落したのも、『自分たちは何一つ簡単にできないのだから、常に100%で集中しなければ』、という暗示でした。我々は常に用心深くしています。