11月11日11時11分、ドイツの一部の地域ではこの日から「カーニバル」が始まる。「カーニバル」とはキリスト教、特にカトリックの風習で、"carne vale"(ラテン語で「肉よ、さらば」)が語源と言われている。元来は、復活祭(イースター)までの断食期間前に、肉に別れを告げる宴だったが、現在では仮装した人々が“羽目を外して大騒ぎ”するお祭りとなっている。クライマックスは大規模なパレードが行われる2月のローゼンモンターク(バラの月曜日)と呼ばれる日だが、ドイツの3大カーニバル都市と言われるケルン、マインツ、デュッセルドルフではきょうからカーニバルがスタート。人々は平日にも関わらず午前中から思い思いの衣装に身を包み、街に繰り出している。その様子は昨今の日本のハロウィンにも引けを取らない。そして、ケルンマインツデュッセルドルフに所属する選手も例外ではない。