今季のブンデスリーガ前半戦では合計9人の日本人選手がピッチに立ち、とりわけ香川真司(ドルトムント)の活躍はドイツでも注目を集めた。このインフォグラフィックは、前半戦の日本人選手のパフォーマンスを6つのカテゴリーで比較したもの。今回は唯一、武藤嘉紀(マインツ)が複数部門で1位となった。

2015/16シーズン前半戦総括一覧