ウィンターブレークが明け、ようやくブンデスリーガの後半戦がスタートした。当サイトでは今月から月間最優秀選手のユーザー投票を実施する。当サイト英語版の公式ツイッター(@Bundesliga_EN)上にて、編集部が選出した4人の候補者の中から、あなたが最も活躍したと思う選手に投票してください。

※投票期間は1月31日(日)20時(日本時間、翌朝4時)から24時間

【1月の最優秀選手候補者】

チチャリート(ハビエル・エルナンデス)

所属:レーバークーゼン
国籍:メキシコ
ポジション:FW
年齢:27歳

  • 第19節ハノーファー戦で放ったシュートは2本で、いずれもゴールに成功した(PK含む)
  • 1試合2得点を挙げたのは3回目(ハットトリック1回を含む)。今季16試合に出場し、13得点をマークしている
  • チチャリートはチーム総得点の約45%に直接絡んでいる

クラウディオ・ピサロ

所属:ブレーメン
国籍:ペルー
ポジション:FW
年齢:37歳

  • 1月に3ゴール。第18節シャルケ戦ではチームの3-1の勝利に貢献し、第19節ヘルタ・ベルリン戦では2点のビハインドから2得点を挙げ、引き分けに持ち込んだ
  • 1試合2得点を成し遂げたのは、ブンデスリーガ最多の34回
  • 現役のブンデスリーガ選手および歴代の外国籍選手として最多181ゴールを挙げ、現在も記録を更新中。ブンデスリーガ歴代得点数はすでに6位にランクインしている

ピエールエメリック・オバメヤン

所属:ドルトムント
国籍:ガボン
ポジション:FW
年齢:26歳

  • 第19節インゴルシュタット戦で2得点を決め、チームの2-0の勝利へ導いた。今季、1試合2ゴール以上をマークしたのは5回目
  • 2015年のアフリカサッカー連盟の最優秀選手を受賞した
  • 第19節終了時点で20得点を挙げ、ゲルト・ミュラー氏(元バイエルン・ミュンヘン)の1976/77シーズン以来の記録となった

ロベルト・レバンドフスキ

所属:バイエルン・ミュンヘン
国籍:ポーランド
ポジション:FW
年齢:27歳

  • 第19節ホッフェンハイム戦で2ゴールを奪い、19試合出場で19得点となった
  • ゴール数はすでに昨季の17得点を上回っている
  • これまで110得点を挙げ、ブンデスリーガの歴代外国籍選手の得点ランキングの3位となっている