当サイト英語版は、12月8日から「Bundesliga Idol」と称して、ブンデスリーガで最も人気の高い選手を決定すべく、公式ツイッターアカウント(@Bundesliga_EN)上でユーザーアンケートを実施した。

今回、編集部が独自に絞った候補者リストに含まれるのは、今季第6節で5ゴールを決めたロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)をはじめ、現在得点王争いでトップを走るピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント)ら6選手。

今季、ルールダービーで先制点を決めたほか、第15節ウォルフスブルク戦でも後半ロスタイムに決勝点を奪うなど、勝負強さを見せている香川真司(ドルトムント)も候補入りし、見事に決勝へ進出。チチャリートことハビエル・エルナンデスとの一騎打ちでは惜しくも敗れたが、堂々の2位となった。

投票結果は下記の通り。

1回戦A組

・ハビエル・エルナンデス(レーバークーゼン)・・・63%
・ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)・・・22%
・ピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント)・・・15%(1回戦敗退)

1回戦B組

・香川真司(ドルトムント)・・・60%
・トーマス・ミュラー(バイエルン)・・・35%
・ファビアン・ジョンソン(メンヘングラートバッハ)・・・5%(1回戦敗退)

2回戦

・ハビエル・エルナンデス(レーバークーゼン)・・・52%
・ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)・・・15%
・香川真司(ドルトムント)・・・27%
・トーマス・ミュラー(バイエルン)・・・6%(2回戦敗退)

3回戦

・ハビエル・エルナンデス(レーバークーゼン)・・・71%
・香川真司(ドルトムント)・・・16%
・ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)・・・13%(3回戦敗退)

決勝戦

・ハビエル・エルナンデス(レーバークーゼン)・・・75%(優勝)
・香川真司(ドルトムント)・・・25%(2位)