2015/16シーズンのブンデスリーガは折り返し地点に到達した。選手たちは現在、1月22日に開幕する後半戦に向けて英気を養っている。ここで各クラブの前半戦を振り返る。今回は新監督を迎え、若手選手が台頭するシャルケにスポットを当てる。

チーム状況

シャルケは前半戦を昨季と全く同じ8勝3分6敗、勝ち点27で折り返した。アンドレ・ブライテンライター新監督の下、序盤の9試合で4連勝(第4節〜第7節)を含む6勝を挙げ、この時点では最大のライバル・ドルトムントとの勝ち点差はわずか1だった。昨季の不甲斐ない結果に満足いかなかったサポーターたちも、フェルティンズ・アレーナに再び活気をもたらしている。

しかし、第10節のメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦で、ここまでセットプレーのキッカーとして多くのチャンスを演出してきた新加入ヨハネス・ガイスが悪質なファウルで一発退場。出場停止処分により、ゲームメーカーを4試合(DFB杯を含めると5試合)欠いたシャルケは、ガイスが復帰するまで(ボルシアMG戦から)の5試合で勝利に見放され、順位は欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内から後退した。

今季の特徴の一つは、強豪に歯が立たないこと。前半戦終了時点の順位表で上位チームからシャルケが白星を挙げたのはヘルタ・ベルリンのみ。レーバークーゼンとは勝ち点を分け合ったが、バイエルン・ミュンヘンやドルトムント、ウォルフスブルクには敗れている。

それでも、頻繁に先発入りする6選手が22歳以下という若いチームは、未来に大きな可能性を秘めている。特に、U-21ドイツ代表トリオのレロイ・サネ、マックス・マイヤー、レオン・ゴレツカはレギュラーに定着しており、これからのシャルケを担っていく存在になるだろう。欧州リーグ(EL)ではノックアウトステージ進出を決めており、国際舞台での経験も成長につながるはずだ。

トップデータ

  • 絶好機に得点する確率はハノーファー(73%)に次いで2位の66.7%
  • カウンターからのシュート数はシュトゥットガルト(26本)に次いで2位の25本
  • CKからの得点はリーグトップの4回

前半戦MVP:レロイ・サネ

若干19歳のサネは、前半戦全17試合(先発11)に出場。得点(4)とアシスト(4)の合計数でチームトップに立っている。シャルケの今季8勝のうち6試合で得点に直接関わっており、サネの活躍=勝利という方程式ができあがりつつある。サネがそのスピードに乗ったドルブルでゴールへ向かうと、フェルティンズ・アレーナのサポーターたちの拍手と期待はどんどん大きくなる。

時速35kmはピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント)らに並んでリーグトップ。体で当たり負けもせず、1対1の勝率は46%。ポジションと年齢を考えると賞賛に値する数字だ。

その活躍はヨアヒム・レーフ監督にも認められ、11月にはドイツA代表でのデビューも果たした。

内田篤人

シーズン前に右ひざの手術を受け、前半戦はリハビリに励んでいた内田篤人だが、後半戦から復帰の見込みとなっている。クラブは2016年1月4日〜15日までアメリカのフロリダ州、オーランドへ遠征し、内田も帯同予定。長らく不動の右SBとして君臨してきた内田だが、まずは現レギュラーのザシャ・リーターとのポジション争いが待ち受けている。

2015/16シーズン前半戦総括一覧