2015/16シーズンのブンデスリーガは折り返し地点に到達した。選手たちは現在、1月22日に開幕する後半戦に向けて英気を養っている。ここで各クラブの前半戦を振り返る。今回は武藤嘉紀が加入したマインツにスポットを当てる。

チーム状況

18クラブ中8位で折り返したマインツの前半戦は、及第点と言えるだろう。特に今季は強力なMF陣の連携からゴールが生まれることも多く、昨季のこの時点と比べると勝ち点は6上回っている。

10月にはドルトムント(0-2)とブレーメン(1-3)に連敗し、不調に陥った。しかし、武藤のハットトリックで、ロスタイムに引き分けに持ち込んだ第11節アウクスブルク戦から流れが変わる。続くウォルフスブルク戦では2-0で強豪相手に完封勝利を収めた。第16節まで6試合負けなし(3勝3分)となったが、年内最終戦は絶好調のヘルタ・ベルリンに敵地で敗れ、7勝3分7敗となっている。

マインツはチーム一丸となって、走る、走る、走る。1試合平均のチーム走行距離はリーグトップクラスの119km。ボールを奪うと速攻で攻撃を仕掛け、カウンターから6得点を挙げている。

海外初挑戦の武藤は7得点2アシストと大活躍。マインツが今季、彼の獲得に奔走した理由を納得させてみせた。

トップデータ

  • 敵陣でボールを奪って得点に結びつけた回数はリーグトップの11回
  • 絶好機にゴールを決める確率はリーグ3位の63.2%
  • 試合開始から30分までの失点数は3で、リーグ最少

前半戦MVP:ユヌス・マリ

2011年にマインツに加入したユヌス・マリは、今季のマインツの顔となっている。これまでにチームトップの8得点をたたき出し、すでに自身のシーズンレコードを更新。8得点中6ゴールをホームのコファス・アレーナで決めている。

マリの武器はなんといっても速攻からのゴール。マインツのカウンターからの6得点のうち半数を奪っている。

武藤嘉紀

今夏、FC東京から加入した武藤にとって収穫の多い半年となったことだろう。まずは、先輩・岡崎慎司(現レスターシティー/イングランド)のようなパフォーマンスでマインツサポーターを納得させることが“ノルマ”だった。しかし、第3節のハノーファー戦で初ゴールを決めるや、その14分後には歴代ブンデスリーガ所属日本人選手で最速となる1試合2得点を挙げてみせる。さらに、第11節のアウクスブルク戦では日本人選手2人目となるハットトリックを達成。岡崎に負けず劣らずの活躍で、すでにマインツファンの心をつかんでいる。

武藤の前半戦総括

2015/16シーズン前半戦総括一覧