2015/16シーズンのブンデスリーガは前半戦が終了し、冬季の中断期間に入った。そこで、当サイトでは1月22日のリーグ再開を前に、各クラブの前半戦を振り返る。今回は大迫勇也と長澤和輝が奮闘したケルンに焦点をあてよう。

チーム状況

2013/14シーズンで1部再昇格を果たしたケルンが、 着実にブンデスリーガの中堅へと上昇してきた。さらに、今季の前半戦では勝ち点24を獲得し、実に15年ぶりとなる好成績での折り返しに成功している。現在の順位は9位で欧州リーグ(EL)出場圏内の6位からも、わずか勝ち点3差のところにつけているのだ。

ペーター・シュテーガー監督が率いるチームは、1部昇格1年目であった昨季に比べて攻撃的な試合運びをすることが多くなった。とはいえ、前半戦で18得点はリーグで5番目に少なく、改善の余地はある。守備陣は非常に安定しており、21失点はリーグでベスト4。失点ゼロに抑えた試合も5試合あった。

また、ファンにとっても重要だったのはケルンが同地域内のライバルである、メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)シャルケレーバークーゼンそしてドルトムントに勝利を収めたことだ。特に前半戦の最終節ではホームで現在2位のドルトムントを相手にロスタイムのゴールで競り勝ち、最高の形で前半戦を締めくくった。後半戦も引き続きこの好調が維持できれば、久しぶりに1部残留以上の目標も見えてくるだろう。

トップデータ

  • 残り15分での得点は10と、ドルトムントの11得点に次いでリーグで2位
  • ディフェンダーのミスが原因となった失点がゼロ
  • 前半戦で勝ち点24は15年来の好成績(前回は2000/01シーズンの勝ち点25)

前半戦MVP:ティモ・ホーン

枠内シュートのうち78%を阻止したホーンは、バイエルン・ミュンヘンのマヌエル・ノイアーと並んでリーグトップの阻止率を誇る。試合中は大忙しで、被シュート数97本はハノーファーのロンロバート・ツィーラーに次いでリーグ内で2番目に多かった。

今季に入ってその安定感はさらに増しており、この前半戦は自らのミスで失点することが1度もなかった。22歳の若きGKが、チームの好調を後方からがっちりと支えている。

大迫勇也

開幕戦のシュトゥットガルトとの対戦で54分から出場し、いきなり今季初ゴールを奪った大迫だったが、その試合で膝を負傷して続く2試合は欠場した。復帰後は10試合で先発して下がり目のツートップとして最前線の新エース、アントニー・モデステをサポートする役割を果たしたほか、前半戦の終盤は慣れない右MFとしてもプレー。チームへの貢献度は高かったが、自らの得点やアシストの数字を伸ばすことばできなかった。ケルンの得点源は現在、モデステ(7得点)とジモン・ツォラー(4得点)の2人に偏っているため、後半戦は大迫のゴールに期待が集まる。

長澤和輝

7試合でベンチ入りをした長澤だが、ブンデスリーガでの出場は第11節のホッフェンハイム戦の45分間に留まった。ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)2回戦ではチームメイトの負傷で急きょ先発のチャンスを得ると、大迫とのコンビで相手を手玉に取る活躍を見せた。しかし、チームは敗退してしまい長澤にとっての追い風とはならなかった。前半戦終了と同時に出場機会を求めてJ1リーグ浦和レッドダイヤモンズへ完全移籍し、新シーズンは1年間の期限付きでJ2のジェフユナイテッド市原・千葉でプレーすることが決まった。

2015/16シーズン前半戦総括一覧