2015/16シーズンのブンデスリーガは折り返し地点に到達した。選手たちは現在、1月22日に開幕する後半戦に向けて英気を養っている。ここで各クラブの前半戦を振り返る。最終回は清武弘嗣と酒井宏樹が所属し、1月から山口蛍が加入するハノーファーにスポットを当てる。

チーム状況

昨季は最終節の勝利により降格を免れたハノーファーだったが、今季も難しいシーズンとなった。主将を務めていたラース・シュティンドル(現メンヘングラートバッハ)ら主力を何人も放出し、背番号10番を託した清武弘嗣はけがにより開幕から3試合を欠場。第7節まで2分5敗と未勝利が続いた。第8節ブレーメン戦でようやく初勝利を手にすると、4試合で3勝を挙げてチームの状況は上向きに。しかし、再び清武の離脱もあり、また下降の一途をたどってしまう。結局、4勝2分11敗と黒星が大きく先行し、下から2番目の17位で前半戦を終えた。

年内最終戦から2日後の12月21日、昨季終盤からチームを率いたミヒャエル・フロンツェック監督が辞任を発表。28日にはアイントラハト・フランクフルト前監督のトーマス・シャーフ氏が後任に就くことが明らかになった。後半戦は心機一転、ゼロからのスタートとなる。

トップデータ

  • ビックチャンスでのシュート決定率はリーグトップの72.7%
  • CKを得点に結びつける確率はリーグトップ(18本で1回の確率)
  • 守備陣の空中戦の勝率は64.1%でリーグトップ

前半戦MVP:サリフ・サネ

セネガル代表のサリフ・サネは前半戦全17試合に出場。チームの今季初勝利は、清武のCKを頭で合わせたサネからもたらされた。第11節のハンブルク戦でも清武のパスからサネがヘディングで決勝点を挙げている。

競り合いに勝った数は265回でリーグトップ。勝率にすると62%で、ブンデスリーガのMFとFWの中で前半戦1位だ。

清武弘嗣

中足骨骨折により、第4節から初出場。第6節シュトゥットガルト戦での1アシストを皮切りに、7試合連続で直接ゴールに絡み、3得点4アシストとエースにふさわしい活躍を見せた。しかし、11月に日本代表での練習中に右足にひびが入り再び離脱。不振にあえぐチームは、ゲームメーカーの復帰を心待ちにしている。

酒井宏樹

右SBとして11試合に出場。風邪により第13節から3試合を欠場したこともあり、16試合に先発した昨季前半戦と比べるとキャプ数を落とした。前半戦の1対1の勝率は、日本人選手の中でトップの55.9%。スプリント数はチームの前線の選手より上回る試合もあり、積極的に攻撃参加もしている。

山口蛍

後半戦からハノーファーに加入することになった。海外初挑戦となるが、2012年のロンドンオリンピックでU−23日本代表として共にプレーした清武と酒井がいることは、山口にとって心強いだろう。山口が得意とするボランチは現在、サネとマヌエル・シュミーデバッハ、またはレオン・アンドレアセンが起用されている。まずはレギュラーの座を奪いたい。

2015/16シーズン前半戦総括一覧