2015/16シーズンのブンデスリーガは前半戦が終了した。当サイトでは束の間のウインターブレイクを利用し、各クラブの前半戦の出来を振り返っていく。今回は香川真司が所属するドルトムントを取り上げ、新監督の下で輝きを取り戻したここまでの戦いぶりを検証する。

チーム状況

ちょうど1年前のこの時期、ドルトムントは第17位という成績で前半戦を終えていた。その悪夢が遠い昔のことに感じられるほど、トーマス・トゥヘル監督の下、チームは鮮やかな復活を果たした。現在の順位は王者バイエルン・ミュンヘンを追う第2位で、第3位のヘルタにも勝ち点6の差をつけている。また、ドルトムントはこの前半戦で順位を2位以下に落とすことはなかった。

トゥヘル監督による柔軟性のある選手起用が功を奏した。香川が新たな定位置である左インサイドハーフで躍動したほか、ブンデスリーガ2部1860ミュンヘンから加入したユリアン・ワイグルや、右サイドバックにコンバートされたマティアス・ギンターが先発に定着するなどし、チームの層は厚みを増している。戦術面ではチームでボールを保持することに重きが置かれた。意図的な仕掛けから多くのゴールが生まれ、前半戦の得点数はバイエルンをも上回り、リーグトップの47得点であった。ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)と欧州リーグ(EL)で勝ち残るドルトムントは、過密スケジュールの中でも安定した戦いを見せているといえる。首位のバイエルンとの差を縮めるためには前半戦でのハンブルガーSV戦ケルン戦のような取りこぼしをしないことが肝要である。

トップデータ

  • 得点47は、バイエルンをも上回りリーグトップ
  • シュートの成功率がリーグ内で最も高く、平均6本のシュートで1ゴールを挙げている
  • 流れの中から奪ったゴール数41は、リーグ内で最も多い

前半戦MVP:ピエール・エメリック・オバメヤン

ブンデスリーガ史上初、開幕戦からの8試合連続ゴールの記録を樹立したドルトムントのエースは、ここまで18得点と得点王争でトップを走っている。自らのシーズン最多得点(16得点)も早々と更新してしまった。

66本のシュートで18ゴールを決め、22回の決定機を14得点につなげているが、この決定率もリーグで1番だ。

第10節のアウクスブルク戦で、その3日前に行われた欧州リーグ(EL)に続く2試合連続ハットトリックを達成した際、インタビューではトップコンディションの秘訣も話してくれた。

インタビュー記事:「毎回、トレーニングでは全力」 へ

香川真司

香川は前半戦の15試合に先発し、4ゴール6アシストをマークした。この数字だけでは見えにくいが、前半戦の出来を振り返るための大きなポイントは、香川が『チームの勝利に直結する働き』を繰り返した点だ。『2015/16シーズン前半戦総括:ドルトムントMF香川真司』では、その軌跡を詳しくたどっている。

2015/16シーズン前半戦総括一覧