バイエルン・ミュンヘンは5月10日、ベンフィカ・リスボン(ポルトガル)に所属するレナト・サンチェスを獲得したことを発表した。

ポルトガル代表に選出されている18歳のサンチェスとバイエルンの契約は2016年7月1日から2021年6月30日まで。カールハインツ・ルンメニゲ社長は「我々はサンチェスのことを長い間観察してきた。ダイナミックで1対1に強く、テクニックにあふれた彼のような選手をここへ迎え入れることができて本当にうれしく思っている」とコメントしている。

なお、移籍金は3500万ユーロ(約43億円)とのことで、同選手がバロンドールを獲得するなどした場合には追加ボーナスがベンフィカ側に支払われる特約もついている。