ブンデスリーガ第19節(1月31日)でバイエルン・ミュンヘンは本拠地でホッフェンハイムを迎え撃つ。就任からブンデスリーガで連覇を達成し、最後のシーズンとなる今季も優勝を狙っているバイエルンのジョゼップ・グアルディオラ氏。一方、シャルケやハンブルガーSV、シュトゥットガルトなどの監督を歴任し、今季は不調にあえぐホッフェンハイムの降格危機を救うべく、同クラブ監督に就任したフープ・ステフェンス氏。両名監督のサッカーをインフォグラフィックで比較した(グアルディオラ監督は2014/15シーズン開幕節から、ステフェンス監督は今季第11節からのデータを使用)。