9カ月にわたる負傷離脱を乗り越え、昨年12月に公式戦への復帰を果たしたバイエルン・ミュンヘン所属MFフランク・リベリ。その直後に再び戦線離脱となってしまったが、現在はそれも癒え試合出場も重ねており、かつての輝きをようやく取り戻しつつある。そんな中、当サイト独語版は同選手との独占インタビューを実施。バイエルンでの居心地、タイトルへの思い、若手へのアプローチなどを語ってもらった。

――バイエルンにやって来てまもなく丸9年になり、あなたは最古参の1人となりました。このクラブはあなたにとってどのような存在でしょうか?

リベリ バイエルンは今後も私にとって特別なクラブであり続けるだろう。ここにいる間にも、他のクラブからのオファーはいくつかあったが、バイエルンも私もそれを拒み続け、おかげで今日(こんにち)の私は非常に幸せだ。確かに、けがをしたり、うまくいかない時もあった。しかしこのクラブは、いついかなる時でも私の味方でいてくれた。その恩は絶対に忘れない。

――少し前に、「バイエルンとの契約が切れる2017年の後は、欧州のクラブではプレーしないだろう」とおっしゃっていましたね?

リベリ 現時点で、数年後の自分にどういうことが起こるのかを言うのは難しい。少なくとも、バイエルンは私にとって非常に大切な存在なんだ。今は毎試合楽しんでプレーできているし、私にとってこのクラブは家族のようなものなんだ。

「本当に難しい時間だった」

――昨年は負傷で長期離脱となってしまいましたが、どのように乗り越えたのでしょうか?

リベリ 本当に難しい時間だった。試合はおろか、練習もできない・・・孤独に感じていたよ。仲間はみんな外のグラウンドでプレーしているのに、自分は室内でバイクをこいでいた。けれども、ピッチへ戻るために、とにかく一生懸命リハビリに取り組んだんだ。

――とりわけ周囲は欧州チャンピオンズリーグ(CL)のことを話題にしています。ところで、あなたやバイエルンにとってブンデスリーガ4連覇というのはどのような意味を持つのでしょうか?

リベリ もちろんCLのタイトルも勝ち取りたいよ。しかしブンデスリーガ4連覇ということを忘れてはならない。私たちにとって、それは非常に重要なことなんだ。なぜなら、これまで4連覇を成し遂げたクラブはどこにも存在していないからね。

――グアルディオラ監督が今季終了後に退任することはチームにどのような影響を及ぼしているでしょうか?

リベリ 正直に言えば、それを考えている者は誰もいない。そのようなことに影響されるべきではないのではなかろうか? チームの全員が一丸となり、我々が掲げているシーズンの目標を達成することが最も大事なんだ。今はシーズンも佳境に入っている。(リーグ戦、国内カップ戦、CLの)すべての大会で我々は優勝を狙える立場にある。チームが集中している点は、そこにしかない。

――しかしCLのタイトル獲得はグアルディオラ監督への良い餞別となるのではありませんか?

リベリ CLで優勝するということは、我々全員の夢なんだ。しかしその夢は、他の多くのクラブも持っていて、彼らにもチャンスはある。ヨーロッパにはたくさんの良いチームがあるからね。

――昨シーズンのCL準決勝ではバルセロナ(スペイン)に敗れました。仮に今シーズンも激突することになっても、昨季とは別の結果にすることができるでしょうか?

リベリ もし私たち全員が地に足をつけて戦うことができれば、バイエルンは多くのことを成し遂げられる非常に強いチームの1つだ。昨シーズン、あれだけの負傷者を抱えていながら、常に代わりとなる選手がいた。こんなクラブは世界のどこにもないよ。今、ハビエル・マルティネスとジェローム・ボアテングは復帰に向けてリハビリ中であり、彼らが戻ってくれば私たちはさらに強くなるだろう。

――今やバイエルンの選手層はかつてないほど厚くなり、チーム内の競争も熾烈になっています。「レギュラーポジションを失ってしまうのではないか」という不安はないのでしょうか?

リベリ 全ての試合に出場できる選手は1人もいない。試合数があまりにも多すぎるからね。私たちは機械ではなく、人間なんだ。そしてチーム内の競争は確かに激しいが、私はうまくやっていけるだろう。チームに貢献できると思っているし、自分の能力を信じている。

――バイエルンの選手の中では、ベテランの部類に入ります。若手との関係はどうでしょう?

リベリ 経験豊富な選手には、若い選手を育てる責任がある。だから私も若手とはよく話すようにしている。特にダビド・アラバとキングスレイ・コマンだね。彼らがチームのために全てを出し切り、そして貢献できるように手伝ってあげたいんだ。彼らはすでに非常に高いレベルでプレーしている。それはチーム全体にとって、とても大事なことだ。