3月20日、ブンデスリーガ第27節最終日が開催され、香川真司が所属するドルトムントは、敵地でのアウクスブルク戦に臨む。本稿ではこの試合の見どころを以下に記していく。

前半戦最後の5試合を4勝1分で乗り切ったアウクスブルクだが、年明け後ここまでの9試合で1勝3敗5分。その1回の白星も、絶不調に陥っているハノーファー戦であり、いまいち波に乗れていない。また、順位が1つ上の12位ハンブルガーSVとは4ポイント離れているが、自動降格圏の17位ホッフェンハイムとの勝ち点差はたったの3しかなく、1度は脱出したかに思えた残留争いに、再び巻き込まれつつあるのだ。さて、今シーズン前半戦に行われた敵地での同カードは1-5と大敗し、今回こそは一矢報いたいところ。しかしホームでのドルトムント戦はドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)も含め4連敗中。まだ本拠地で1度も勝利を収めていないなど、非常に苦手としている。ブンデスリーガ残留を達成するためにも、敗戦だけは絶対に避けたいところではあるが、果たしてマークス・ワインツィアル監督はどのような戦術を用いてくるのだろうか。

ドルトムントは2016年に入り、1度も負けていない唯一のクラブであり、獲得可能な最大勝ち点27のうち23ポイントを奪取。9シーズンぶりのブンデスリーガ王者に輝いた2010/11シーズンに並び、第26節終了時の勝ち点61は同クラブ史上最高の成績なのだ。さらに、現在のドルトムントはアウェー戦3試合連続で無失点。この試合でも相手を0得点に抑えれば、1994/95シーズンにオットマール・ヒッツフェルト監督が成し遂げたアウェー4試合連続無失点のクラブ記録に並ぶことになる。また、今季欧州リーグ(EL)を終えた後のリーグ戦で、ドルトムントは全7試合に勝利しているなど、同クラブにとって心強いジンクスもある。この試合でブンデスリーガ通算200試合出場を達成するマーコ・ロイスら攻撃陣の爆発に期待したい。

【今季ここまでの記録】

Tore=得点数
Torschüsse=シュート数
Schüsse/Tor=1得点までに要するシュート数
Gegentore=失点数
Ballbesitz(%)=ポゼッション率
Passquote(%)=パス成功率

【過去の対戦成績】