香川真司の所属するドルトムントは5月12日、フランス1部リーグのレンヌからウスマン・デンベレを獲得したことを発表した。

デンベレはフランスのノルマンディー出身で、今月15日に19歳の誕生日を迎える。これまでフランス代表の各ユース年代に選出されてきた。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは、「ウスマンはオフェンスであれば、だいたいどのポジションでもプレーできる。1対1に強く、両足が使え、トリッキーで、スピードがあり、ゴールを奪うことができる」と同選手の特長を説明。デンベレは、「ドルトムントは早くから僕の獲得に向けて動いてくれて、ずっとコンタクトを取ってくれたので、とても良い印象を受けた。ドルトムントのスポーツとしてのコンセプトにも完全に納得している。ブンデスリーガでジクナル・イドゥナ・パークの8万人以上の観客の前でプレーし、新しいチームメイトとともに欧州チャンピオンズリーグに出場するのが待ちきれない」と話している。