ドルトムントに所属するピエールエメリック・オバメヤンが1月7日、アフリカサッカー連盟(CFA)の2015年最優秀選手賞を受賞した。

オバメヤンはガボン出身の26歳で、2013年にサンテティエンヌ(フランス)からドルトムントへ移籍。昨季の後半戦は11得点、今季の前半戦は17試合で18得点を挙げ、大車輪の活躍を見せていた。

1970年に創立された同賞だが、ガボン出身の選手が受賞するのは初めて。4年連続で受賞していたコートジボワールのヤヤ・トゥーレ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)を抑え、初の栄光に輝いた。

オバメヤンのストライカー分析へ

オバメヤンのルーツ(動画)

オバメヤンゴール集(動画)

開幕8戦連続得点の男(動画)

ドルトムント歴代ゴールゲッター(フォトギャラリー)