マインツメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)
今シーズン前半戦はマインツが2-1で勝利を飾った。しかしボルシアMGは同カード直近9試合で、この1度しか負けていない。

ドルトムントインゴルシュタット
“矛”対“盾”の戦い。ドルトムントがリーグ最多の50得点を決めている一方で、インゴルシュタットの失点はリーグで2番目に少ない18。

ブレーメンヘルタ・ベルリン
ブレーメンは本拠地でのヘルタ戦に7連勝中。ヘルタが最後にブレーメンの地で勝利したのは2006年3月。

レーバークーゼンハノーファー
レーバークーゼンも本拠地でのハノーファー戦に強く、こちらは現在8連勝中。またアウェー戦を含めた直近6試合では5勝1分で相性が非常に良い。

アウクスブルクアイントラハト・フランクフルト
好調同士の対戦。アウクスブルクはここ6試合で4勝2分と負けがなく、フランクフルトも前節勝利し今季2度目の連勝を記録した。

ダルムシュタットシャルケ
前回の対戦は1-1の引き分けだった。ダルムシュタットのシャルケ戦勝利は、ともにブンデスリーガ2部に在籍していた1989年9月で、今から26年も昔。

シュトゥットガルトハンブルガーSV
調子の波がはっきりと分かれている2クラブ。直近4試合でシュトゥットガルトは勝ち点8を獲得しているが、ハンブルクはたったの1ポイントしか得られていない。

ウォルフスブルクケルン
ケルンはアウェーでのウォルフスブルク戦、過去10試合のうち、1度しか勝てていない。現在は3連敗をしている。

バイエルン・ミュンヘンホッフェンハイム
バイエルンのエースFWロベルト・レバンドフスキは、ホッフェンハイムのGKオリバー・バウマンと相性が良く、これまで同GKから10得点を決めている。