香川真司の所属するドルトムントが3月5日、勝ち点8差で首位を走るバイエルン・ミュンヘンを本拠地で迎え撃つ。この2クラブの対戦は「デア・クラシカー」と呼ばれ、近年、スペインの「エル・クラシコ」(=バルセロナとレアル・マドリードの間における伝統的な対戦)に引けを取らない注目を集めている。本稿では、今季2度目の「デア・クラシカー」を前にその歴史をたどる。

そもそも「デア・クラシカー」とは?

先頭の「デア(der)」は、ドイツ語特有の定冠詞(英語のthe)、そして「クラシカー(Klassiker)」は「伝統的なもの、定番のもの」という意味。近年のドイツサッカーにおける「デア・クラシカー」は、他でもなくバイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムントのライバル対決を指す。

対戦成績は・・・

「デア・クラシカー」のこれまでの対戦成績は、バイエルン42勝、ドルトムント23勝、引き分け28試合と、ドルトムントがバイエルンに大きく差をつけられている。しかし、2010/2011と2011/2012シーズンにユルゲン・クロップ前監督率いるドルトムントがブンデスリーガの連覇を果たした際には、ドイツサッカー連盟カップの決勝も含め、ドルトムントがバイエルンに5連勝した。この後、バイエルンとドルトムントのライバル関係はさらに白熱している。

11-1

バイエルンファンが喜んで振り返る「デア・クラシカー」は、1971/1972シーズンのブンデスリーガ第5節(1971年11月27日/ミュンヘン)の一戦だ。バイエルンのスター、ゲルト・ミュラーの4得点などで、バイエルンが11-1と勝利。このシーズン、バイエルンはクラブ史上2度目の優勝を果たし、ドルトムントは初の2部降格を経験した。

カンフーキック

「デア・クラシカー」が生んだ数々のドラマの中でオリバー・カーンのカンフーキックは有名だ。1998/1999シーズンの第24節(1999年4月3日/ドルトムント)でバイエルンのGKカーンは気迫をむき出しにした。軽い接触が原因で相手選手に詰め寄った数分後には、ゴールマウスから飛び出しカンフーキックをお見舞いした。そのカーンがPKを阻止するなど活躍し、バイエルンは2点のビハインドを引き分けに持ち込んだ。

古巣対決、因と縁

今季の「デア・クラシカー」も因縁の対決として目が離せないことは、火を見るより明らかだ。ドルトムントのマッツ・フメルス、バイエルンのマリオ・ゲッツェ、ロベルト・レバンドフスキ、そしてスポーツディレクターであるマティアス・ザマー 氏も古巣との対決に臨むことになる。

上位2チームの直接対決

今季2度目の「デア・クラシカー」は、前回同様に1位と2位の直接対決となる。ドルトムントは勝利でも首位奪回とはならないが、逆転優勝の望みを残すためにも敗戦は許されない。