ドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンは4月2日、第28節ブレーメン戦で先制点を決めた。これで今季23得点目となり、アフリカ出身の選手でシーズン最多得点記録を樹立。試合後、同選手がインタビューに応じた。

——ブレーメンに3-2で勝利し、来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場が確定しました。この成果についていかがですか?

オバメヤン とても重要でした! 後半は難しい試合になりました。ブレーメンが2ゴールを決め、少し驚きました。でも、その後に自分たちは良い対応をし、試合に勝ちました。見事でしたね。

——オバメヤン選手は今節ゴールを挙げました。これで得点ランキングトップのロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)選手とは2点差です。彼に追いつけるでしょうか?

オバメヤン 彼についていくのはとても難しいですよ。ブレーメン戦でゴールを決めたことはうれしく思ってます。まだ終了していないことも分かっていますし、戦いは最後まで続きます。誰が勝者になるのでしょうかね。

——今季23ゴール目となり、パピス・シセ選手(現ニューカッスル/イングランド)の記録を塗り替え、ブンデスリーガ所属のアフリカ出身選手でシーズン最多得点となりました。これはどのような意味がありますか?

オバメヤン 自分にとってとても光栄なことです。自分の名前を歴史に刻めるなんてね。 

クロップ監督率いるリバプールと対戦

——4月7日(木)には欧州リーグ(EL)準々決勝の第1戦でユルゲン・クロップ前監督と再会します。楽しみですか?

オバメヤン 自分たちにとって素晴らしいことです。クロップ監督に自分たちがどれだけハードにやってきたか見せられると思います。とても難しい試合になると思いますよ。

——個人的にクロップ監督からどのような影響を受けましたか?

オバメヤン 彼と一緒に仕事したことは、自分にとってとても良いことでした。自分が攻撃的にプレーしていることは、もちろん彼の影響があります。

——木曜日にクロップ監督に会ったら、何と言いたいですか?

オバメヤン まだ分かりません。たぶん、少しドイツ語で会話すると思います(笑)

この試合の記事へ