12月20日、ブンデスリーガ第17節最終日が行われ、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは本拠地で武藤嘉紀のマインツと対戦し、2-0で勝利を手にした。これに出場した原口、武藤の2選手が試合後のインタビューに応じている。

【原口元気】

――会心の勝利でしたね?

原口 そうですね、良かったです。

――序盤からヘルタがボールをキープし主導権を握っていました。やっていた感じはどうでしたか?

原口 チームとしてうまくやれてたと思います。見ていただければ分かると思いますけど、しっかりチームとして力を出せたのではないかなと思います。

――個人的に動きもキレていましたし、最初からゲームに入っていけていた印象です。

原口 そうですね、きょうはもう(リーグ前半戦の)最後ですし。いつも気持ちは一緒なんですけど、いつもより(試合の)入りが良かったとは思います。

――終了間際にアシストになりかけたシーンがありました。うまく抜け出し、ダイレクトでクロスを入れたシーンですが狙い通りでしたか?

原口 そうですね、あれオフサイドでした?

――少しだけ。

原口 そうですか・・・ああいうプレーは後半戦も増やしたいと思います。右からも左からもチャンスを作れるように。特にきょうはチャンスを作る回数が多かったので、引き続き後半戦はもっと数字を出したいので。僕が目標にしているところに近づくにはそこが必要なので、後半戦はやりたいです。

――3位で前半戦終了。どう受け止めていますか?

原口 前半戦は自信を持って戦えました。最終的に3位で終われたのは良かったですが、まだ(シーズンも)半分あるので。ブンデスリーガはそんなに簡単じゃないと思いますし、ポイントの少ないチームが努力してくると思うので、僕たちもそれに負けないようにトレーニングして、チームとしての完成度をもっと高めていきたいと思います。

【武藤嘉紀】

――きょうの試合を終えての感想はどうでしょう?

武藤 失点するタイミングが悪かったなと。チームとしてきょうはベルリンのほうが上でした。それがあからさまに出た試合だったと思います。

――ハーフタイムの監督の様子は?

武藤 怒っていましたね。

――前半戦が終わりましたが、半年間を振り返ると?

武藤 満足はいっていないです。チャンスの量を考えると、もっともっと出来たと思うので。後半戦は確実に取れるチャンスをものにして、さらなる結果を出せていけたらいいですね。

――2015年は長かったですか?

武藤 あっという間でしたね。環境もガラッと変わりましたし。東京にいたのがかなり前の事のように感じます。

――7得点というのは自分の中で良くできた方だと思いますか?

武藤 決めるところを決めきっていれば10ゴールは優に超えていると思うので納得はしていません。チームを上位に上げるのもFWの役目だと思うので。しっかり自分が決めていかないといけないと思います。

――2016年はどういう年にしたいですか?

武藤 絶対的な存在にならないといけないと思います。きょうみたいな試合でも(交代せずに)最後まで(ピッチ上に)残ってられるように、そういうポジションを確保してかないといけないですね。

ヘルタ対マインツのマッチレポートへ