ブンデスリーガ第11節2日目が10月31日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは敵地でブレーメンに3-1で勝利し、3連勝を飾った。香川はフル出場した。

ブレーメン 1-3 ドルトムント

5バックという守備的な布陣で挑んできたブレーメンだが、試合は開始早々に動いた。9分、ギュンドアンが出した裏へのパスにミキタリヤンが抜け出し、右からグラウンダーのセンタリング。ファーサイドに走り込んだロイスがこれを押し込み、ドルトムントが先制する。その後もドルトムントが優位に試合を進めるが、32分にはブレーメンが細かいパス交換から右サイドを突破。ゴール前のこぼれ球をウジャーがゴールネットに蹴り込み、1-1の同点に。しかし44分、左サイドからフメルスがゴール前にセンタリングを上げると、GKとDFの間にミキタリヤンが走り込みヘディングシュートを決め、ドルトムントが2-1とする。

後半最初のビッグチャンスは51分、ミキタリヤンが左サイドのバイタルエリアから中へ切り込み、ゴール前へふわりとしたボールを入れる。ゴール前でフリーのオバメヤンが胸トラップで収めGKと1対1になるが、シュートを枠の上へ外してしまった。さらに71分、ギュンドアンの鋭い縦パスを受けたオバメヤンがゴール前に抜ける。GKをかわしてシュートを打つが、ゴールライン上のDFにクリアされる。しかし直後の72分、ロイスが豪快なシュートを決め、ドルトムントのリードは2点に。試合はこのまま3-1で終了した。