ブンデスリーガ第33節が5月7日に行われ、バイエルン・ミュンヘンの2015/16シーズンの優勝が決定した。ブンデスリーガ史上初の4年連続で、26回目の快挙となる(ブンデスリーガ発足後は25回目)。

バイエルンは敵地で行われたインゴルシュタット戦で2-1の勝利を収め、勝ち点を85に伸ばした。2位のドルトムントとの勝ち点差が8となり、今季1試合を残してバイエルンの優勝が確定した。