バイエルン・ミュンヘンのMFマリオ・ゲッツェは昨年10月8日、ドイツ代表として出場した2016欧州選手権フランス大会予選のアイルランド戦で負傷し、長期離脱を余儀なくされた。チームの練習に合流し、復帰の近づく同選手に当サイトドイツ語版がインタビューを行った。

※このインタビューは第22節ダルムシュタット戦(2月20日)の前に行いました

——数週間前にチーム練習に復帰されました。バイエルンのファンがあなたのピッチに立つ姿を見られるまで、あとどれくらいでしょうか?

ゲッツェ コンディションはとてもいいよ。チーム練習に戻って3週目だけど、すでに試合に復帰することを楽しみにしているんだ。

——内転筋の筋腱断裂により4カ月の離脱となりました。試合に出場できない間、頭ではどんなことを考えていましたか?

ゲッツェ 頭で考えることはいつも役に立つよ。特にこのような長期離脱の後はね。でも、長く、インテンシブなリハビリを乗り越え、とても良い気分だよ。それは日に日に良くなっていく。今はコンスタントなリズムを取り戻すことが大事だけど、僕はとても楽観的だよ。

サッカーのために全てを出している

——コンディションを100%に戻すには、トレーニングで何が難しいですか?

ゲッツェ それはいつもちょっとした違いなんだ。ただ、僕たちのチームのレベルは普通よりかなり高いからね。最終的に足りていないものは、それほどないと思うよ。とにかく、週末の試合でメンバー入りするかもしれないことが、とても楽しみ(※)。

※第22節ダルムシュタット戦で出場はなかったが、ベンチ入りを果たした

——最近、「マリオ・ゲッツェはポテンシャルを使い果たした」との批判が出ました。

ゲッツェ それ(批判)はもちろん、読んだよ。でも、僕には僕の考えがある。自分はサッカーのために全てを出し、あらゆる可能性を生かし、最高のコンディションにもっていこうとしている。批判を読むことは、快いものではない。「もしかしたら、そうかも」と思ってしまうからね。でも試合の分析を見たら、心が落ち着いたよ。

シンデレラボーイの苦悩

——2014年ブラジルW杯の決勝戦で決勝ゴールを決めてから、ゲッツェ選手に対する周囲の期待はさらに大きくなりました。それについてどのように対処していますか?

ゲッツェ 自分自身の目標を定め、いくつかの期待に応えられるようにしている。外部の期待にはそれほど神経質にならないようにするのもいいね。

——期待が高まるということについては、理解はできますか?

ゲッツェ 期待が高まるのは普通のことだよ。特に、W杯で決勝点を挙げた後はね。でも、いつでも理解できるわけではない。僕は23歳だし、まだまだ多くの目標があるから。 

絶対にかなえたい夢

——目標の一つは、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16に出場することだと思います。2月24日にユベントス(イタリア)との第1戦が行われます。ウィンターブレークにジョゼップ・グアルディオラ監督はチームはまだ必要なレベルに達していないと見ていたようです。後半戦の数試合が終わりましたが、いかがでしょうか?

ゲッツェ 最近また負傷した選手もいて、簡単ではない。でも、僕たちは良い準備をしたし、今は良いリズムに乗っていると思う。チームには一流選手がそろっていて、この状況を受け入れ、集中してユベントスとの一戦に臨むよ。僕たちは決勝へ行きたいんだ。でも、CLの前にブンデスリーガがある。2位との勝ち点差をこのまま守りたい。だから、(第22節の)ダルムシュタット戦にも集中するよ(※)。

(※)ダルムシュタット戦は1-3の逆転勝利

——個人的な短期的目標は?

ゲッツェ いくつかある。まずは、ブンデスリーガ4連覇。これは自分にとって、チームのみんなや監督、クラブにとって、とても大きなことだ。ドイツ王者は簡単になれるものではない。とても特別なことなんだ。

——その後は? 2013年のCL決勝はけがのため出場できませんでした(当時ドルトムント所属、相手はバイエルン)。

ゲッツェ CLの決勝に立つことはもちろん、どうしても実現させたい夢だ。一番いいのは今シーズンにね。それからドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)の決勝にも行きたい。そして夏にはフランスで欧州選手権がある。

——ゲッツェ選手については「どのポジションが一番いいのか?」という議論がいつも巻き起こりますよね。中央でしょうか? それともサイドハーフ?

ゲッツェ (笑) サイドハーフでも悪くない試合はいくつかあったね。でも、どのサッカー選手もお気に入りとするポジションがある。僕にとっては中央だ。ただ、他のオプションもいくつかあるよ。だから、お気に入りのポジションは中央って言っておくことにしよう。 

去りゆく指揮官へ

——グアルディオラ監督は今季終了後にバイエルンを退団します。もうすぐ迫る別れはチームやその目標に影響することはありますか?

ゲッツェ 密な時間を過ごしたわけだから、もちろんそうだよ。でも、僕たちは同じ目標を持っているし、それに全ての集中を注いでいる。

——グアルディオラ監督はあらゆる細部にこだわる監督として知られています。監督と同じチームで過ごしてみていかがでしたか? また、学んだことは?

ゲッツェ 僕はそれぞれの監督からいつも何かを学んできた。ユルゲン・クロップ監督(元ドルトムント、現リバプール/イングランド)やヨアヒム・レーフ監督(ドイツ代表)、そしてグアルディオラ監督からも。グアルディオラ監督の下、特に戦術の部分で向上することができた。彼のプレーのアイディア、パスサッカー、フィロソフィーは、僕にとって新しいことだった。グアルディオラ監督がこだわる細部、それにはとても感銘を受けるよ。彼は僕をさらに成長させてくれたんだ。