11月27日に行われるブンデスリーガ第14節初日、ダルムシュタットケルンはピッチ外も注目を集めた。ドイツテニス界のスター、アンドレア・ペトコビッチが売り場に立ち、自らの手でソーセージを焼いてくれたからだ。

ペトコビッチは今季ブンデスリーガに昇格したダルムシュタットで育っており、8月上旬にドイツ第2国営放送局ZDFの『Sportstudio』にビデオ出演。同クラブのディアク・シュスター監督に「もし開幕戦でダルムシュタットが負けなければ、ケルン戦の前にソーセージスタンドでファンのためにソーセージを焼く」と約束をしていた。そしてダルムシュタットは第1節のハノーファー戦を見事2-2の引き分けで終え、ペトコビッチが公約を実行する運びとなった。