欧州サッカー連盟(UEFA)は7月18日、2015/16シーズンの最優秀選手候補10名を発表した。ブンデスリーガからはバイエルン・ミュンヘンのGKマヌエル・ノイアーとFWトーマス・ミュラーが選ばれている。候補者は下記の通り。

ガレス・ベイル(レアル・マドリード、ウェールズ代表)
ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス、イタリア代表)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード、フランス代表)
トニ・クロース(レアル・マドリード、ドイツ代表)
リオネル・メッシ(バルセロナ、アルゼンチン代表)
トーマス・ミュラー(バイエルン、ドイツ代表)
マヌエル・ノイアー(バイエルン、ドイツ代表)
ペペ(レアル・マドリード、ポルトガル代表)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード、ポルトガル代表)
ルイス・スアレス(バルセロナド、ウルグアイ代表)

同賞はUEFA加盟協会の55人のジャーナリストにより選考が行われ、8月5日に最終候補3名が明らかとなる。最優秀選手の発表は8月25日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ組み合せ抽選会で行われる。

ノイアーとミュラーとともにドイツ代表のトニ・クロースも選出された。もし、この中の3選手から最優秀選手が選ばれた場合、ドイツ出身では初受賞となる。2011年に設立された同賞のこれまでの受賞者はリオネル・メッシ(2回)、アンドレス・イニエスタ、フランク・リベリ、クリスティアーノ・ロナウドとなっている。