Summary

  • U21欧州選手権決勝、U21ドイツ代表対U21スペイン代表
  • ワイザーのゴールを守り抜いたドイツが優勝
  • ノイアー、フメルスらを擁した2009年以来4大会ぶりの戴冠

U21欧州選手権決勝が6月30日にクラクフ(ポーランド)で行われ、U21ドイツ代表はU21スペイン代表と対戦し、1ー0で勝利した。ドイツはノイアー、ボアテング、フメルス、エジル、ケディラらを擁した2009年以来、4大会ぶりの優勝を飾っている。

U21ドイツ代表 1ー0 U21スペイン代表

この試合最初の決定機は、7分のドイツだった。左から鋭いクロスを入れると、ニアサイドのマイヤーが頭で合わせる。ボールは良いコースへ飛んで行ったが、しかし左ポストを直撃してしまった。

スペインも13分、左CKがファーサイドへ流れ、セバージョスが右からセンタリング。そしてハーベラーの前に走り込んだベジェリンがヘディングシュートを放つも、これは枠の外へ流れていった。

主導権を握るドイツは16分、ゲアハートのセンタリングを、ニャブリがワントラップから左足で狙ったが、ボールは左サイドネットの外側へヒット。21分にもアーノルドの蹴った左FKから、ファーサイドのニャブリがトラップでDFを外し、ニアポスト側へシュートするも、しっかりとミートすることができず、GKにキャッチされてしまった。

均衡が破られたのは40分、右SBのトーリヤンがセバージョスを振りきって縦に突破し、そこからのセンタリングをニアのワイザーが頭で合わせると、ボールはGKの上を越す弧を描きネットへ。優勢に試合を進めていたドイツが、待望の先制点を奪った。

同点に追いつかなければならないスペインが、後半は攻勢に出る。58分、左サイドから前線へロングボールを入れ、サウールがトラップ。ドリブルで自ら前へ運び、寄せてきたシュタークもかわしてミドルシュートを打ったが、ドイツ守護神ポラースベックが横っ飛びでこのピンチを防いだ。

ドイツも61分、バイタルエリアのマイヤーがスルーパスを送ると、ペナルティーエリア左に抜け出したニャブリがGKと1対1の場面を迎えるも、シュートはGKアリサバラガが左足でブロックする。

スペインが再びチャンスを迎えたのは72分、セバージョスがペナルティーエリア外、正面の位置から弾丸ミドルで狙うが、これは左ポストの数十cm外側。その4分後にもデウロフェウが左からカットインし右足を振り抜くも、コースに入ったシュタークが身をていしてブロックした。

そしてこのまま試合は終了。虎の子の1点を守り抜いたドイツが、4大会ぶりのU21欧州選手権優勝に輝いた。

【得点】

U21ドイツ代表:ワイザー(40分)
U21スペイン代表:なし

【ラインナップ】

U21ドイツ代表(4ー1ー4ー1)
ポラースベック;トーリヤン、シュターク、ケンプフ、ゲアハート;ハーベラー(82分 コア);ワイザー、マイヤー、アーノルド、ニャブリ(81分 アミリ);フィリップ(87分 オストゥナリ)

U21スペイン代表(4ー3ー3)
アリサバラガ;ベジェリン、メレ、バジェホ、ジョニー(51分 ガヤ);サウール、ジョレンテ(83分 マヨラル)、セバージョス;アセンシオ、ラミレス(71分 ウィリアムズ)、デウロフェウ